国内

緊急事態宣言で小学生の子供の「自主休校」を選択する保護者の言い分

緊急事態宣言が出された場合の対応について、萩生田文部科学大臣は、小中学校や高校に対して一斉休校を要請しないと記者会見で発言した(時事通信フォト)

緊急事態宣言が出された場合の対応について、萩生田文部科学大臣は、小中学校や高校に対して一斉休校を要請しないと記者会見で発言した(時事通信フォト)

 2021年1月、再び緊急事態宣言が発令されたが、2020年4月のときと異なり、小中学校、高校などへの一斉休校は要請されなかったことで、子育て家庭の一部で混乱が起きている。正しく怖れることが大事だと言われている新型コロナウイルスだが、変異種の登場などによって、何をどうすれば正しいのか、多くの人が不安を抱えている。ライターの森鷹久氏が、子供に自主休校をさせたり、部活動への取り組みについて態度を決めかねている保護者の胸の内を聞いた。

 * * *
「感染したら誰が責任を取るのか、ここが曖昧なまま、子供を学校に行かせることはできません」

 こう話すのは、千葉県内の公立小学校に通う娘を持つ時任優子さん(仮名・40代)。新型コロナウイルスの再拡大により、千葉県を含む1都3県に緊急事態宣言が発令されたが、街には通常時と同じように人出があり、何よりも子供達が普通に学校に通わなければならない状態であることに、憤りを感じている。

「子供や赤ちゃんの感染者も出ています。若い方は感染しても軽症ですむ、命に関わる事も稀、と学校は説明していますが、万一のことがあったら? 夫の高齢の両親と同居しているため、子供の感染をきっかけに自宅内でクラスターが発生する危険性だってある」(時任さん)

 前回の緊急事態宣言では、小学校から大学まで、ほとんどの学校が休校措置をとった。あの時と比較し、感染者数が何倍にも膨れ上がっているにも関わらず、休校措置が取られないのはおかしいのではないかと疑問を抱き、不安になる保護者が出現しても無理はない。実際、時任さんは学校や自治体、教育委員会にも問い合わせを入れているが、満足いく回答は得られていないという。

「高齢の両親はすでに散歩すら行けておらず、夫も私も、仕事は基本的にテレワーク。子供の学校が休みだと、普通に通勤している親御さん達が困る、という場合があるのもわかりますが、それとこれとは話が別。学校側も対応に苦慮しているはずですし、勝手に判断は下せない。それなら親がやる、そう決めたんです」(時任さん)

 学校はすでに始まっているが、時任さんはまず2週間様子見をして、その後については再度夫と協議するという。

「娘が、窓の外に通学している小学生を見つけてはため息をついています。私だって学校に行かせたいと思っているから辛い」(時任さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト