ライフ

95歳“薬を飲まない薬剤師”が実践する「少食主義」の健康法

玉那覇氏が実践する健康法は

玉那覇氏が実践する健康法は

「私は一切薬を飲んでいませんが、風邪をひくこともなく、血圧や血糖値、コレステロールの数値も問題ない。足腰が丈夫なのでどこへでも徒歩で出かけます」

 そう話すのは95歳の薬剤師・玉那覇康高氏。薬局を経営していたが、「薬は飲まないほうが健康になれる」という考えに至り、薬局を畳んだという。『壮快』2月号で、「新型コロナに負けない免疫力強化術」を紹介したことでも大きな話題を呼んでいる彼が実践する健康法とは。

薬漬けが医原病を引き起こす

 大正15年(1926年)に沖縄で生まれた玉那覇氏は現在も那覇市内で自立した1人暮らしを続けている。

「小学生の頃は県内の健康優良児大会に出場するほど体が丈夫でしたが、赤痢にかかったことが原因で徴兵検査は不合格になりました。その結果、同級生の多くが戦死した凄惨な沖縄戦に加わることなく死を免れた。人間、何が幸いするかわからないものです」(以下「」はすべて玉那覇氏)

 そう振り返る玉那覇氏は戦後、米軍施政下の沖縄で大学特別入試に合格して現在の東京薬科大学に進学、薬剤師免許を取得した。1957年には那覇市内で「玉ナハ薬局」を開業し、50年以上にわたり営んできたが、「人は薬をやめたほうが健康になれる」という結論に達し、5年前に薬局を閉めた。

 どうしてそのような信条を持つに至ったのか。

「現代医学は一見、進歩しているように見えますが、それは診断技術が進歩しているだけです。治療面は薬や手術などに頼るしかなく、食事や運動などを含めた総合的な根本治療をしているわけではない。

 実際、昔より医師の数や薬の種類は増えたのに、病人は減っていません。実はこの状況は50年前から変わりません。患者も、一度薬を飲むと死ぬまで薬と縁を切ることができない“薬漬け”状態になる。

 年間約43兆円という膨大な国民医療費のうち、約20%が薬代です。薬には副作用があることを忘れてはいけません。患者を薬漬けにして医原病を引き起こしている―薬剤師をしながら、そういう日本の医療システムに大きな疑問を感じていました」

 玉那覇氏は、「病気は根本から治すべき」と主張する。

「頭痛が起きて頭痛薬を飲めば確かに良くなる。ただし、それは一時的に治す対症療法であって、根本原因を正すわけではない。いつまでも痛みは繰り返すことになります。そこで薬に頼らずに根本から治すべきだという思いを強くしたのです。

 そもそも病気は医師や薬が治すものではなく、自分の体の中に備わっている自然治癒力が治すものです。医師や薬はその治癒力を十分に発揮させるための処置をしているにすぎない。それなのに現代医学では、専門に細分化しすぎたせいで人間全体を総合的に見ることをしていません。そのことが、病気を悪化させている。

 病気は今までの食生活や心の持ち方の間違いから起こるもので、正しい食事法、運動法などを心がけたり、自然治癒力に任せることによって案外簡単に治っていくものなのです」

 風邪をひいたとき、熱が出れば解熱剤、下痢をすれば下痢止めの薬、関節痛があれば鎮痛剤が処方される。だが、玉那覇氏はこう言うのだ。

「発熱も下痢も痛みも、病気ではなく有害な毒素や細菌を駆逐するために体が自然に採用する『療法』です。薬をむやみに飲むことによってこれらの体の働きを止めてしまうと根本治療にならない。

 たとえば風邪をひいたとき、悪寒がすることがありますが、これは静脈内に潜んでいる細菌をはたき出す働きなので、そのときにはかえって薄着をし、悪寒を助長すべきです。また、発熱したなら膝から下をお湯に20分ほどつけて体を温め、発汗を促すことで毒素や老廃物を汗とともに体外に排出することができ、風邪を根本的に治すことができます。

 もちろん発熱とともに失う水分や塩分・ビタミンCは補給しなければなりません」

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン