芸能

プロが選んだ「一番うまい歌手」前川清の喜劇人としての一面

高田文夫氏が歌手・前川清と喜劇について語る

高田文夫氏が歌手・前川清と喜劇について語る

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、プロが選ぶ一番うまい歌手・前川清と喜劇についてお届けする。

 * * *
“緊急事態宣言”が出るかもしれないなどバタバタしている1月4日、明治座の稽古場にて顔合わせと本読み。こんなご時世だからこそ笑ってもらおうと、私の企画で宅間孝行の脚色・演出による「よみがえる明治座東京喜劇」と「寄席」の豪華二本立て(1月29日より2月14日。今のところやる予定)。

 喜劇の方は田中美佐子・前川清の爆笑コンビに原田龍二、東貴博、磯山さやか達が御陽気にからんでいく、まげ物・三木のり平喜劇のアレンジコメディ。稽古場で顔を合わせた前川清と私「こんなに沢山スタッフや出演者がいるけど、一番の高齢者は我々二人だネ。72歳。なるべく優しくしてもらおうネ」と確認しあう。

 大きな稽古場、窓もあき換気もバッチリ、履き変えるスリッパも持参で感染対策も充分。私は若き日より前川の歌声は勿論、あのキャラクターが大好きで、その芝居が毎日見られるとあって楽しみで……。“クールファイブ”のことを「GS」が終わったあとに出てきた「ムード歌謡」と思っている人も多いだろうが、前川の身体の中にはジャズ喫茶などで培ったジャズやロックの血が流れているのだ。

 いつだったかテレビで「プロが選ぶ一番うまい歌手は誰ですか」というアンケートを100人から取っていて、それによると1位と2位のツートップが、なっなっなんと前川清と玉置浩二。プロが聴いてもこの二人は「うまい」とうなるそうだ。この話を前川にすると「玉置さんは凄いですよ。もう天才だからあの歌声は……私なぞとうてい……」と「謙遜砂漠」の「そして謙遜」「長崎は今日も謙遜だった」。

「好きな喜劇人は?」と問えば「萩本欽一、東八郎、由利徹」とスラスラ出てきた。「サラッとしてるような東京のコメディアンが好きなんですよ」。さすがかつてはテレビで欽ちゃんと「コント54号」と名乗り爆笑をとっていた喜劇人&歌手である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン