芸能

原田龍二が「リアルタイムパパ活小説」にハマった理由

原田龍二がハマった小説とは

原田龍二がハマった小説とは

 2019年、ファンの女性たちと自家用車で逢瀬を重ねた「4WD不倫」で世間を騒がせながらも、直後に開いた「謝罪会見」での真摯な対応や、以降もさまざまなメディアで反省を述べながら過ちに向き合う独特なキャラクターで芸能界に「最速復帰」を果たした原田龍二(50才)。俳優はもちろん、YouTuberとしても活躍するかたわら、プライベートでは本を愛し、時には自らも文章を綴ることもあるという多彩な才能を持つ。そんな彼が最近読んだのが、映画化され、大ヒットを記録した小説シリーズ『スマホを落としただけなのに』の作者である志駕晃氏の初連載をまとめた単行本だ。

『彼女のスマホがつながらない』は、2020年2月~11月まで『女性セブン』誌上で連載された、『令和2年の女性週刊誌編集部』と『平成30年を生きるパパ活女子大生たち』という、異なる二つの空間が複雑に絡まりながら進行していく「リアルタイムミステリー」だ。

 しかし、主人公は生活苦に悩んだ末、パパ活に足を踏み入れる大学生の咲希と女性週刊誌で働きながらもファッション誌への憧れを棄てきれない編集者の友映。性別も年代も原田とはかけ離れている。

「実はぼく、志駕さんの“スマホ”シリーズには並々ならぬ思い入れがあって、前作の『スマホを落としただけなのに』には舞台版に刑事役で出演していたんです。だからもちろん『スマホを落としただけなのに』も読んでいます。前作も面白かったのですが、『彼女の~』は、また違った面白さがあります。

 主人公の彼氏がスマホを落とし、それを狡猾なハッカーが拾ってしまうことから事件が起きる『スマホを落としただけなのに』では、序盤からわかりやすい悪である“サイコパス”が登場するのですが、今回は、複雑な構成になっていて、どこに“悪”が潜んでいるのかわからない。この曲がり角に“悪”がいるかと、ドキドキしながら曲がってみると、あれ、違う。“死角”の多い迷路みたいで、最後まで犯人がわからないんです」

 原田がこの複雑な構成とともに印象に残ったのは、小説の中で描かれる「パパ活女子」たちの様子だ。

「重要なテーマの一つとなっている“パパ活”ですが、やっぱり、お金って楽して稼げるものではないと改めて痛感します。主人公の一人である女子大生の咲希は、友人から誘われて、スマホの操作ひとつですぐにパパ活をはじめてしまいますが、『絶対にうまく行くはずない、落とし穴があるはずだ』とハラハラしながら読んでいました」
 
 普段の生活では交わることのない“パパ活女子”に原田がここまで強く想いを寄せることができたのは、その描写の巧みさ故だったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン