国際情報

アメリカ政府が認めた「白人至上主義者が企む国内テロ計画」

バイデン政権はいきなり難題を抱えた(CNP/時事通信フォト)

バイデン政権はいきなり難題を抱えた(CNP/時事通信フォト)

 バイデン政権の看板のひとつは「ダイバーシティ」である。女性やマイノリティを要職に次々と起用し、「ひとつのアメリカ」「移民国家としてのアメリカ」を演出しようとしている。しかし、移民を忌避し、黒人虐待をなかば黙認してきたトランプ政権の4年間で、アメリカ社会は深刻な分断に陥ってしまった。急すぎる逆バネは社会不安を増大させる。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、いよいよ不穏になってきたアメリカの苦悩をリポートする。

 * * *
 トランプ前大統領がホワイトハウスを去ってわずか1週間で、懸念していた最悪の事態が現実のものとなった。アメリカ全土に様々なグループとして散らばる白人至上主義者たちが暴力行為に出るのではないかというのである。1月27日、国土安全保障省は、その危険が高まっていることを国民に警告した。

 いち早く報じたニューヨーク・タイムズによれば、同省は「連邦議会議事堂への破壊的な攻撃は、個別の事件ではないかもしれない」と警告し、「議事堂事件によって勢いづいた暴力的な国内過激派による脅威にアメリカが直面している」と初めて認めた。記事によれば、国土安全保障省は2019年にはすでに白人至上主義者を国内テロの脅威だと名指ししていたが、トランプ氏はBLM(黒人の命は大切)運動で起きた暴力や破壊活動の責任は急進的左派にあると主張し、当時のホワイトハウス高官たちは、「国内テロ」という表現をしないよう同省に圧力をかけていたという。

 バイデン氏の就任後、すでに一部では反政権を訴えるデモ隊が建物のガラスを割るなどの暴力行為に及んでいるが、議事堂暴動から続く混乱に乗じて、白人至上主義グループが、より広範で大規模なテロを起こす動きがあるというのである。

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン