芸能

河野景子さん 長男・優一の騒動に「いずれ父子で語り合えるようになる」

河野景子

長男・優一の騒動についても語った河野景子さん(撮影/渡辺利博)

 貴乃花(元親方・48才)との23年間の結婚生活にピリオドを打ってからはや2年。昨年末には映画監督&実業家のジャッキー・ウー氏(年齢非公表)との再婚報道が飛び出し、世間を驚かせた河野景子さん(56才)は、「いまは本当に自由」「いまがいちばん楽しい」と断言する。56才の彼女が人生100年時代に切った「再スタート」について大いに語る。

「これからは自分の人生を歩みたい」──そう語る彼女が母、妻、おかみさん、そしてアナウンサーとしての経験を生かしたいと2016年から取り組むのが「河野景子のことばのアカデミー」。自分らしいコミュニケーションの取り方を指導している。

「ことばを使う仕事をしていましたし、いつの日もことばに支えられて生きてきました。興味を持って意味や語源を紐解いているうちに、日本語の奥深さに夢中になってしまって。例えば『憎しみ』。口にするのも嫌なことばですが、もともと愛があるから憎しみが生まれるんです。

 経験を積んだいまだから受け止められることばがあるんです。私が感じたことばの魅力を『コトバノケイコ』(学研プラス)として本にもまとめました。自分に響くことばを通して、自分自身が見えてくる。ことばって本当に面白いなと思いますよ」

 ことばに支えられてきた一方で、結婚生活ではことばに苦しめられもした。結婚して間もなくは連日の過激な報道や嫌がらせの手紙に心が折れてしまい、壁に頭をガンガン打ちつける自傷行為に走るほど精神的に追い詰められた時期もあったという。

「結婚当初は勝負師の妻、そして後半はおかみさん。一般に想像する妻像とかけ離れていて、自分の役割を果たすのに必死でした。そうしてガムシャラに走り続けた結果、50才を間近に控えてすごく大きなハゲができたんです。円形脱毛症です」

 一般的ではない、普通とは違う──「花田家」が特殊すぎたゆえの、体の悲鳴だった。

「大なり小なり、どこの家庭にも“事件”は起きるものだと思います。ただ、花田家はそれが外へ筒抜けに報じられてしまう。何かというと部外者が家族に介入してくる環境でもありました。そこで真意が歪んで伝わり、誤解から家族関係に歪みが生まれる。家族なんだから素直に話し合えば済むはずなのに、そのタイミングがないままに横やりが入って、小さな問題がどんどん大きくなっていくんですよね」

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト