芸能

河野景子さん 長男・優一の騒動に「いずれ父子で語り合えるようになる」

河野景子

長男・優一の騒動についても語った河野景子さん(撮影/渡辺利博)

 貴乃花(元親方・48才)との23年間の結婚生活にピリオドを打ってからはや2年。昨年末には映画監督&実業家のジャッキー・ウー氏(年齢非公表)との再婚報道が飛び出し、世間を驚かせた河野景子さん(56才)は、「いまは本当に自由」「いまがいちばん楽しい」と断言する。56才の彼女が人生100年時代に切った「再スタート」について大いに語る。

「これからは自分の人生を歩みたい」──そう語る彼女が母、妻、おかみさん、そしてアナウンサーとしての経験を生かしたいと2016年から取り組むのが「河野景子のことばのアカデミー」。自分らしいコミュニケーションの取り方を指導している。

「ことばを使う仕事をしていましたし、いつの日もことばに支えられて生きてきました。興味を持って意味や語源を紐解いているうちに、日本語の奥深さに夢中になってしまって。例えば『憎しみ』。口にするのも嫌なことばですが、もともと愛があるから憎しみが生まれるんです。

 経験を積んだいまだから受け止められることばがあるんです。私が感じたことばの魅力を『コトバノケイコ』(学研プラス)として本にもまとめました。自分に響くことばを通して、自分自身が見えてくる。ことばって本当に面白いなと思いますよ」

 ことばに支えられてきた一方で、結婚生活ではことばに苦しめられもした。結婚して間もなくは連日の過激な報道や嫌がらせの手紙に心が折れてしまい、壁に頭をガンガン打ちつける自傷行為に走るほど精神的に追い詰められた時期もあったという。

「結婚当初は勝負師の妻、そして後半はおかみさん。一般に想像する妻像とかけ離れていて、自分の役割を果たすのに必死でした。そうしてガムシャラに走り続けた結果、50才を間近に控えてすごく大きなハゲができたんです。円形脱毛症です」

 一般的ではない、普通とは違う──「花田家」が特殊すぎたゆえの、体の悲鳴だった。

「大なり小なり、どこの家庭にも“事件”は起きるものだと思います。ただ、花田家はそれが外へ筒抜けに報じられてしまう。何かというと部外者が家族に介入してくる環境でもありました。そこで真意が歪んで伝わり、誤解から家族関係に歪みが生まれる。家族なんだから素直に話し合えば済むはずなのに、そのタイミングがないままに横やりが入って、小さな問題がどんどん大きくなっていくんですよね」

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン