スポーツ

秘蔵写真で振り返る1985年のダンプ松本 「史上最凶」の素顔

女子プロレス黄金期のダンプ松本の戦いと素顔を振り返る

女子プロレス黄金期のダンプ松本の戦いと素顔を振り返る

 まばゆい光を放っていた女子プロレス黄金期には、数々の名勝負や名レスラーが産まれた。中でも「史上最凶の悪役レスラー」として君臨したのがダンプ松本だった。ノンフィクション作家の柳澤健氏が、ダンプ松本の戦いと素顔を振り返る。

 * * *
 女子プロレス人気の頂点は1985年にあった。長与千種とライオネス飛鳥のペア“クラッシュ・ギャルズ”と、ダンプ松本率いる“極悪同盟”の対決は、女子中高生を熱狂の渦に巻き込んだ。

 1985年8月28日に大阪城ホールで組まれた長与千種対ダンプ松本は、敗者髪切りデスマッチという女子ならではの試合形式で行われた。入場時、長与千種は羽織り袴姿、額にはハチマキを巻いて、選手たちの騎馬に担がれて登場した。のちに判明したことだが、千種が見せようとしたのは、美しい若武者が、討ち死にする姿だったのだ。

 敵役であるダンプ松本は千種を鉄柱に叩きつけ、鎖で殴りつけ、首を絞めた。ダンプの反則攻撃と、見て見ぬ振りをするレフェリーのホセ・トーレスに、観客である女子中高生たちの怒りは沸騰した。

 血まみれにされて敗北したスーパーヒロインは、リング上で椅子に座らされて、ハサミで髪を切られ、バリカンで丸坊主にされてしまった。まるでキリストが十字架に磔になったかのようなカタストロフを見せつけられた観客席の少女たちは泣き叫び、巨大な大阪城ホールは異様な緊張感に包まれた。

 試合を実況した志生野温夫アナウンサーは「この熱狂ぶりはただごとではない。もはやプロレスの領域を逸脱している。このままでは死人が出てしまうぞと思って怖くなりました」と語ってくれた。

「私が求めるのは平家物語の滅びの美学なんです」とは、長与千種の言葉だ。ダンプ松本は『ダンプ松本「ザ・ヒール」』(小学館)の中で、次のように証言している。

〈命の危険を感じたことは何度もある。大阪城ホールの髪切りマッチで千種を丸坊主にした時は、試合後に極悪同盟のバスを500~600人のファンが取り囲んで車体を揺すりながら、「ダンプ出てこい!」と罵声を浴びせてきた。あの時はさすがに「殺される!」と思ったな〉

 ルックスにも運動神経にも恵まれなかった少女が、日本経済がバブルの頂点へと向かう最中、女子プロレス史上最高の天才である長与千種を痛めつけるヒール(悪役)レスラーという役割を担って少女達の憎しみを一身に浴び、数千万円の年収を稼ぎ出していたことや、全日本女子プロレスの経営者である松永兄弟が、あることないことをクラッシュや極悪軍団に吹き込み、両者の憎しみを何倍にも増幅させたことについては、『ザ・ヒール』を読んでいただく以外にはない。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン