芸能

綿引勝彦さんの美学「主役に失礼だから引かない。負けてたまるか」

綿引勝彦さんが語った役者の美学とは?

綿引勝彦さんが語った役者の美学とは?

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、先日、亡くなった綿引勝彦さんが語った役者の美学についての言葉を紹介する。

 * * *
 綿引勝彦が亡くなった。本連載には二〇一四年にご登場、さまざまな演技論・役者論を語っていただいた。

 そこで今回は、そんな綿引の「言葉」を改めて紹介したい。

 綿引といえばテレビドラマ『天までとどけ』(九一~九九年、TBS)に出演して以降、温かみのあるイメージも持たれるようになったが、それ以前は悪役──しかも、どこからどう見ても恐ろしい悪役を得意としていた。

 インタビュー時には、そうした悪役を演じる時に意識してきたことも聞いている。

「僕としては別に『悪』を演じているつもりは全くなかった。『悪』を前に押し出して演じるんじゃなくて、そんなのは後の方に飛んでいて『こういう人間をいかに料理して演じるか』ということです。善悪なんて、意味のないことですよ。

 それから、善悪問わず、主役と対等に立っていなきゃいけないと意識していました。自分も立ち役として成り立っていないと、主役に失礼だから。役者にとって、『引く』なんてことは、まずないですよ。みんなそうだと思う。『この人に負けない』『こんな奴に負けてたまるか』そんな想いでやっています」

 決して引かない──そんな綿引のスタンスが画面に抜群の迫力をもたらせたのが、映画『鬼龍院花子の生涯』(八二年)だ。ここで綿引は主人公の侠客・鬼政(仲代達矢)を狙う刺客「三日月次郎」を演じ、仲代と壮絶な一騎打ちを展開している。

「仲代さんを狙う刺客の役で立ち回りもあったんですが、僕は殺陣が苦手で。ただ遮二無二やった記憶があります。とにかく力任せにやるしかできなかったから、相手を傷つけたこともありました。仲代さんに対しても、そうです。がむしゃらに行きましたから、危なかったと思いますよ。その必死さが画面に出ていたんじゃないでしょうか」

 実は綿引は高校時代に仲代主演の舞台を観て感銘を受け、役者の道に進んでいる。それだけに、東映の大作映画で仲代と一騎討ちする場面を演じることには、万感の想いがあったという。

「こちらは敵役なので『あなたが好きで役者になった』なんて一言も言いませんでした。もう『負けるもんか』という想いで演じていましたね。その後のテレビドラマで共演させていただいて、『あなたの芝居を見て演劇を目指し、「鬼龍院花子の生涯」でお会いした時は、もう胸が張り裂けんばかりの感動を覚えました』と伝えることができました。その時は、『俺もここまでやっとたどり着いたか』という想いがありました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン