• TOP
  • 国内
  • 我が内なる〈森喜朗度〉を判定するためのチェックテスト10

国内

2021.02.13 16:00  NEWSポストセブン

我が内なる〈森喜朗度〉を判定するためのチェックテスト10

釈明会見でも記者に逆質問するなど反省の色が見られなかった森喜朗会長

釈明会見でも記者に逆質問するなど反省の色が見られなかった森喜朗会長

 政治家やアスリートも続々“参戦”する大騒動となった森喜朗氏の失言問題。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 ついにというかとうとうというか、辞任という展開となりました。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗元会長の「女性差別発言」があったのは2月3日。批判は日を追うごとに高まり、11日のお昼頃に「辞任の意向を固めた」と報じられました。

 森氏のあの発言は、言うまでもなくとんでもないものでした。ただ、辞任したことで、あの発言が象徴している「日本社会の問題点」が解決したわけではありません。森氏の辞任で留飲を下げてしまったら、結局「失言を叩きたかっただけ」ということになります。

 あの発言のベースになっている根深い差別意識は、はたして人ごとでしょうか。「いっしょにするな!」と怒る人もいそうですけど、差別意識や固定観念というのは、なかなか厄介です。自分の中にも「森喜朗」がいるかもしれません。

 こうなった今だからこそ、せっかくの騒動を反面教師にさせてもらいましょう。「無自覚な差別主義者」というタチの悪い存在にならないために、我が内なる〈森喜朗度〉を判定するチェックテストを作ってみました。10の項目のうち「YES」と思うものはいくつありますか。正直にお答えください。

◆我が内なる〈森喜朗度〉チェックテスト

【1】あの発言を聞いて「まったく、これだからジジイ世代は」と思った
【2】「話が長いのはむしろ男性のほうだ!」と声を大にして反論したい
【3】自分があの場にいたら、もちろん即座に立ち上がって抗議している
【4】森会長が叩かれているのは、ホンネを口に出してしまったからだ
【5】会議で積極的に発言するヤツは「空気が読めないタイプ」が多い
【6】こういう騒動があると「女はやっぱり面倒くさい」と思ってしまう
【7】口にはできないが「男の幸せ」と「女の幸せ」は違うと考えている
【8】Twitterでバズっている投稿に、よく共感のリプライを付けている
【9】日本の「ジェンダー・ギャップ指数」が低いのは自分以外のせいだ
【10】自分の中には差別意識はカケラもないし、絶対に差別なんかしない

関連記事

トピックス