• TOP
  • ライフ
  • 上野千鶴子氏の人間関係の断捨離「苦痛なら距離を置けばいいだけ」

ライフ

2021.02.17 11:00  女性セブン

上野千鶴子氏の人間関係の断捨離「苦痛なら距離を置けばいいだけ」

上野さんは、樋口恵子さんとの今日と『しがらみを捨ててこれからを楽しむ 人生のやめどき』(マガジンハウス刊)で「やめどきを考えることは始まりをふりかえること」と語っている(写真/共同通信社)

上野さんは、樋口恵子さんとの今日と『しがらみを捨ててこれからを楽しむ 人生のやめどき』(マガジンハウス刊)で「やめどきを考えることは始まりをふりかえること」と語っている(写真/共同通信社)

 人生の節目になると、守り続けてきた習慣が生活を不便にすることもあるという。新たなことに挑戦するためにも、余計なものは手放した方がいいとする指摘も多い。東京大学名誉教授で社会学者の上野千鶴子さん(72才)は、40代のとき年賀状をやめたことを機に、人間関係の「断捨離」を行ってきた。

「結婚式や授賞式、記念パーティーなどは、よほどのことがなければ行かない。ただし、親しい友人との少人数での会食は大切にしています。気の合わない知人とのつきあいが苦痛なら、距離を置けばいいだけです。

 新しい出会いが欲しければ、気になる人に『ご一緒に食事でもいかが』と声をかければいい。わざわざ同窓会に行って、古い友達との仲をつなぎとめなければならないほど、人づきあいに不自由していません」

 人間関係もシンプルに、ムダなことはやらない。信念がはっきりしている上野さんだが、唯一、困っていることがあると話す。

「携帯電話に入っている、亡くなった友人のアドレスが消せないんです。ある日ふと、あの世から電話がかかってくるんじゃないかって妄想してね。これはずっと、取っておくのでしょうね」

 いままでのこだわりを見直し、固定観念を手放すことが人生を豊かに生きるコツ。ルールは自分で決めて構わない。

※女性セブン2021年2月18日・25日号

関連記事

トピックス