• TOP
  • 国際情報
  • ロックダウンで置き去り 武漢ボランティア団体が1万頭のペット救助

国際情報

2021.02.20 07:00  NEWSポストセブン

ロックダウンで置き去り 武漢ボランティア団体が1万頭のペット救助

武漢の動物愛護団体が注目を集めている

武漢の動物愛護団体が注目を集めている

 中国湖北省武漢市で、世界で初めての新型コロナウイルス患者が発見され、ロックダウン(都市封鎖)が実施されてから、1年以上が経った。この間、厳しい行動制限で多くの人々が自宅に帰れなくなったため、置き去りにされた1万頭ものイヌやネコなどのペットの命を救った動物愛護団体のボランティアたちの活動が、いまになって、ようやく脚光を浴びている。BBC放送などが報じた。

 この動物愛護団体は「武漢小動物保護協会」で、武漢市在住の杜範氏が立ち上げ、いまでは2000人以上がボランティアとして登録している。

 杜氏が同協会を設立したきっかけは、昨年1月のロックダウン後、SNS「微博(ウェイボ)」上で、の自宅に取り残されたペットの救済を求めるメッセージが多数発信されていたからだ。

「ロックダウンで、武漢市内に入れない。武漢の自宅にはペットが取り残されている。もう1週間もたっており、ペットフードも水も尽きているはずだ。市内にいる人でどなたか、私のペットを助けてほしい」といったメッセージが発信された。

 このようなメッセージを見た杜氏は自身もペットを飼っていることから、「ペットは家族の一員。見捨てることはできない」と同協会を立ち上げ、仲間とともに、ペットの救援活動を行うことを決めた。

 ウェイボ上の飼い主と連絡をとり、自宅の住所やカギの開け方などを教えてもらい、飼い主に自宅に入る許可を得て、残されているペットにペットフードや水などを与えた。

 多くのペットは、杜氏らが突然、部屋に入ってくると、警戒して逃げまどっていたが、携帯電話でのビデオチャットから、飼い主の声が聞こえると、杜氏らにすり寄ってくるペットも多かったという。

関連記事

トピックス