芸能

香取慎吾『アノニマス』 独特の映像表現が掻き立てるスリルと臨場感

(時事通信フォト)

香取慎吾にとって、SMAP解散以降初のドラマ主演作となる(時事通信フォト)

 成功体験は良い意味でも悪い意味でも製作者を縛る。逆に、新たに挑戦する陣営にとってみればそう言った物差しがないことが功を奏することもある。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した。

 * * *
 一般ウケを意識しすぎず、キラリと光る個性的な表現を追求できるのが深夜ドラマ。中でもテレビ東京は秀作を世に放ってきました。直近を振り返ると『デザイナー 渋井直人の休日』『きのう何食べた?』(共に2019年)、『捨ててよ、安達さん。』(2020年)といくつもオススメ作品があります。

 それぞれが個性的な世界でしたが、共通する魅力があるとすれば……そのドラマの中にしかない独特な空気感が漂っていること。ドラマが始まったとたん、視聴者を別の世界へと連れていってくれること。作品の独自のトーンにどっぷりと浸かってひとときを過ごせる点ではないでしょうか?

 さて、ドラマ世界に入りこむ、という娯楽的至福でいえば、今テレ東が放送しているオリジナルドラマ『アノニマス~警視庁”指殺人”対策室~』(月曜午後10時)もそう。

 ただし放送時間は深夜帯ではありません。「午後10時」というプライム枠であり、かつメジャーな人気者を主役に据えています。これまでテレ東が深夜帯で着々と培ってきた演出力やこだわりのある作品作りの力を、プライムタイムに放出している、という印象を受けます。

 このドラマ『アノニマス』は毎回、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜査し犯人をつきとめていくオムニバス的クライム・サスペンス。タイトルの「アノニマス」は「匿名」の意味で、物語の舞台は警視庁SNS専門の指殺人対策室。「指殺人」とはキーボードによる殺人を意味しネット上での中傷をテーマにしています。

 主人公・元警視庁捜査一課刑事の万丞渉(ばんじょう・わたる)を演じているのがSMAP解散以降、初の地上波ドラマ主演となる香取慎吾さん。何よりも特徴的なのが、主人公の人物造形でしょう。

 しゃべらない、笑わない、動かない--三拍子揃っていて万丞の独特の魅力となっています。セリフは限られていて語らないシーンも多いのですが、黙っている時でも奥歯を噛みしめている。それが皮膚のかすかな動きからはっきりと伝わってくる。「万丞の感情が動いている」ことが、手にとるようにわかるのです。

 その万丞という人、いつも釣り堀で「釣り」をしていて、「地図」「手帳」「ペン」にこだわる。アナログアイテム揃いもキャラクターの個性として効いています。

 万丞は過去の出来事によって第一線から外された一匹狼で心に傷を抱えています。どうやら「釣り」と過去とが関係あるらしい。巧妙に伏線が張られていて断片的な映像が挿入されますが、全貌は明かされていません。

 その他「指殺人対策室」には、出世から脱落した個性的なメンバーが揃っています。

 万丞をサポートする碓氷咲良役に、グラビアアイドル出身の関水渚。勢いが良くて前のめりな若き巡査部長としていい味を出しています。また、情報収集と特定を得意とする鬼女的巡査部長・菅沼凛々子役にMEGUMI、万丞の元相棒で過去にからむ倉木セナ役に映画『新聞記者』で主演女優賞を総なめにしたシム・ウンギョン、万丞のライバル役には山本耕史とツワモノ揃い。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン