芸能

元アイドル・遠藤舞さんが語る「女性芸能人と生理の悩み」

アイドリング!!!ではリーダーを務めた(提供写真)

アイドリング!!!ではリーダーを務めた(提供写真)

 女性芸能人たちは生理とどう付き合っているのか。長時間の収録もあれば、激しく体を動かさないといけない企画、時には水着姿を披露する場面もあるだろう。ピルを内服して月経周期を調節しているケースもあるとされるが、10代のアイドルも含めて全員がピルを利用しているとも思えない。そんな女性ならではの悩みを著書で綴った元アイドル・遠藤舞さん(32)に話を聞いた。

 女性アイドルグループ「アイドリング!!!」(2015年にメンバー全員卒業)の元リーダーで現在はボイストレーナーとして活動する遠藤さん。発売されたばかりの初の著書『若いカワイイからの卒業』(リットーミュージック)には、「アイドル時代に『ピル』を知っておきたかった」と題するエッセイが収録されている。元アイドルが生理について赤裸々に明かす内容は、出版前から大きな反響を巻き起こした。

 遠藤さんの発言によって、「言われてみれば……」と初めて女性芸能人が抱える悩みに想いを馳せた人もいることだろう。生理にまつわるアイドル時代のエピソードを、遠藤さん本人が振り返る。

「基本的にテレビやイベントのお仕事は、行きたいときにお手洗いに行けるような状況ではなく、『わ、嫌な予感(漏れ)がする…』という場面でもどうすることもできませんでした。特に360度から自分を見られる環境では、血が外に漏れていないことを祈るしかありませんでした。

 実際、ロケ中に限界を迎えてショーツから漏れてしまい、ロケ先の女性スタッフに紙ナプキンをいただいて対応したこともあります。当時はまだハタチそこそこの年齢だったこともあり、男性スタッフの多い現場で処理をするのがとても恥ずかしかった記憶があります。

 あと、お仕事中に着る衣装はお借りすることが多かったのですが、こちらから『生理だから黒いズボンで』と指定をするわけにもいかず、しかも多い日に限って白いミニスカートを履かなければならなかったりして、その日は常にヒヤヒヤしていました。月経痛がひどく、握手会のお仕事を早退して病院に直行したこともあります」(遠藤さん)

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン