芸能

元アイドル・遠藤舞さんが語る「女性芸能人と生理の悩み」

アイドリング!!!ではリーダーを務めた(提供写真)

アイドリング!!!ではリーダーを務めた(提供写真)

 女性芸能人たちは生理とどう付き合っているのか。長時間の収録もあれば、激しく体を動かさないといけない企画、時には水着姿を披露する場面もあるだろう。ピルを内服して月経周期を調節しているケースもあるとされるが、10代のアイドルも含めて全員がピルを利用しているとも思えない。そんな女性ならではの悩みを著書で綴った元アイドル・遠藤舞さん(32)に話を聞いた。

 女性アイドルグループ「アイドリング!!!」(2015年にメンバー全員卒業)の元リーダーで現在はボイストレーナーとして活動する遠藤さん。発売されたばかりの初の著書『若いカワイイからの卒業』(リットーミュージック)には、「アイドル時代に『ピル』を知っておきたかった」と題するエッセイが収録されている。元アイドルが生理について赤裸々に明かす内容は、出版前から大きな反響を巻き起こした。

 遠藤さんの発言によって、「言われてみれば……」と初めて女性芸能人が抱える悩みに想いを馳せた人もいることだろう。生理にまつわるアイドル時代のエピソードを、遠藤さん本人が振り返る。

「基本的にテレビやイベントのお仕事は、行きたいときにお手洗いに行けるような状況ではなく、『わ、嫌な予感(漏れ)がする…』という場面でもどうすることもできませんでした。特に360度から自分を見られる環境では、血が外に漏れていないことを祈るしかありませんでした。

 実際、ロケ中に限界を迎えてショーツから漏れてしまい、ロケ先の女性スタッフに紙ナプキンをいただいて対応したこともあります。当時はまだハタチそこそこの年齢だったこともあり、男性スタッフの多い現場で処理をするのがとても恥ずかしかった記憶があります。

 あと、お仕事中に着る衣装はお借りすることが多かったのですが、こちらから『生理だから黒いズボンで』と指定をするわけにもいかず、しかも多い日に限って白いミニスカートを履かなければならなかったりして、その日は常にヒヤヒヤしていました。月経痛がひどく、握手会のお仕事を早退して病院に直行したこともあります」(遠藤さん)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン