国内

「医療従事者としての誇りを持て」と叱咤され続けた看護師の疑心暗鬼

「大阪コロナ重症センター」で研修する看護師ら(イメージ、時事通信フォト)

「大阪コロナ重症センター」で研修する看護師ら(イメージ、時事通信フォト)

 パンデミック(世界的大流行)から約一年が過ぎようといういま、新型コロナウイルスの治療に携わる人々をめぐる状況は現在、どうなっているのか。2020年の緊急事態宣言時には、皆で医療従事者へ感謝の気持ちをあらわそうという気運が高まり支援への関心も高かったが、2度目の今、対策はすすんでいるのか。ライターの森鷹久氏が、医療従事者の誇りと重圧に押しつぶされそうになっている現場の声をレポートする。

 * * *
 新型コロナウイルスの感染拡大による「医療崩壊の可能性」が叫ばれて久しい。だが、実際の医療現場で働く人たちの多くが、すでに「崩壊している」と感じているのが実情だ。にも関わらず、「医療従事者なのだから」という自負と周囲からのプレッシャーに挟まれ、危険な現場から身動きがとれず、感染しながらも働かざるを得ないという関係者が少なくない。

「昨年、旭川の病院でクラスターが発生した時、マスコミも国も大騒ぎしましたよね。その後、収束したそうですが、地方の病院では今、同じようなことが起きているのに誰も見向きもしてくれません」

 こう話すのは、西日本にある総合病院勤務の看護師・横田麻里さん(仮名・30代)。外科病棟に勤務していたが、病院がコロナ患者を受け入れ始めたところ、院内でクラスターが発生。看護師不足に陥り、感染症対策の知識が浅い横田さんも「コロナ病棟」に半ば無理矢理異動させられた。

「病院なので、それなりの感染対策は取っていたと思います。しかし、昨年の秋頃からコロナ患者数が急増し、入院患者にも重症者が目立ち始めると、急に目が回るような忙しさになりました。休みは週一、日勤だと朝7時から夜の9時まで病院にいて、食事も取れない。みんな疲弊し、少し体調が悪くとも出勤しないといけない、そんな空気だったんです」(横田さん)

 病院長は事あるごとに「医療従事者の誇りを持て」と、若い医師や看護師たちにはっぱをかけたが、この重圧が悲劇を招く。

「熱があるのに言い出せないまま出勤していた看護師から感染者が出ました。そして、この看護師からと思われるクラスターが病院内で発生し、病院としての機能が麻痺してしまったんです。私も濃厚接触者となり検査を受けましたが陰性、それでも念のために勤務は控えてほしいと保健所や自治体から言われました。でも病院は、休むことを認めてくれなかった」(横田さん)

 院内では、スタッフだけで10人以上の感染が発覚。コロナ病棟以外に勤務する看護師の感染も認められ、病院全体がコロナの脅威に晒されていたはずだったという。だが、感染者数が10名以上であるのに対し、濃厚接触者とされたのは、横田さんを含む数名の看護師と、同じく数名の医師のみ。横田さんには小さな子供もいて、検査後3日間だけ自宅での経過観察を許されたが、すぐに現場に引き戻された。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト