ライフ

偶数奇数がわからない人 脳の劣化で「イメージする力」低下の可能性

ルールを「イメージする力」が最重要

「脳の学校」代表で医学博士の加藤俊徳さんは、「偶数、奇数がわからない」という表面的なことだけでなく、その裏に隠された問題を指摘する。

「数学が苦手な人、数字の“記憶”が苦手な人、数字にまったく触れる機会がない人など、あらゆるケースが予想されますが、脳科学において最も重要なのは、そもそも『偶数、奇数』という数学の『ルール』を『概念』としてイメージする力があるか否かです。“偶数は2で割り切れて、奇数は2で割り切れない”といった法則を想像できるかどうか。

 また、かつては頭に入っていたはずなのに、その後の経験が影響して概念をあやふやに変えてしまったり、考えることをさぼるという『脳の劣化』の可能性もある。現代人はこの『脳の劣化』が特に指摘されています」

 概念をイメージするとは、言い換えれば、ひとつの物事を表面だけでなく、背景まで含めて全体の集合体として理解すること。

「たとえば、誰かがSNSで、『Aが嫌いだ』とつぶやいたとする。そのつぶやきに至るまでの経緯、発言者とAさんの関係など、全体を把握して初めて、第三者は『嫌い』という言葉の真意を理解することができる。

 ところが、脳の劣化によりイメージ力が乏しくなると、“なぜそうつぶやいたのか”まで掘り下げずに、表面的な言葉だけを切り取って短絡的になってしまうのです」(加藤さん・以下同)

 現代は、物事を深く知らずとも、スマホで検索すれば簡単に「答え」が出てくる。覚えること、思考することからかけ離れるほど、脳の劣化は加速してしまう。

「偶数や奇数がわからないのは、それらの概念を把握する脳の部分が使えていないだけの場合もあります。それならば、そこをまた使うようにすると、再び覚えることができます。偶数、奇数の話に限らず、脳を使うことをさぼってはいけません」

 数字では割り切れない問題の方が人生には多い。荒波を乗り越えるには、“イメージする力”を鍛えるほかない。

※女性セブン2021年3月4日号

関連記事

トピックス