芸能

落語ファンだから楽しめる仕掛けが随所にある作家・愛川晶のミステリ

推理作家の愛川晶には寄席の世界を題材にした落語ミステリが多い(イラスト/三遊亭兼好)

推理作家の愛川晶には寄席の世界を題材にした落語ミステリが多い(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、1994年に『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し小説家デビューした作家・愛川晶による、寄席の世界を題材にした落語ミステリについてお届けする。

 * * *
 推理作家の愛川晶には寄席の世界を題材にした落語ミステリが多く、最新作は文庫書き下ろし『芝浜天女』(中公文庫)。八代目林家正蔵を探偵とする「高座のホームズ」シリーズの第4弾で、解説は僕が書いた。

 愛川の落語ミステリには他に「神田紅梅亭寄席物帳シリーズ」「神楽坂倶楽部シリーズ」がある。中でも「神田紅梅亭寄席物帳シリーズ」は彼の落語ミステリの原点ともいうべきもので、第一作品集『道具屋殺人事件』は2007年に刊行された。解説を書いたのは当時二ツ目の鈴々舎わか馬。今の柳家小せんである。

「神田紅梅亭寄席物帳シリーズ」第二作品集『芝浜謎噺』(2008年)所収の短編『野ざらし死体遺棄事件』では、後半を作り変えた『野ざらし』が語られる。この執筆に当たり、愛川は自分のアイディアが現実に通用するものか、実際の高座でわか馬に演じてもらった。以降わか馬は『夜鷹の野ざらし』としてこれを得意ネタとし、小せん襲名後も演じ続けている。1月の「春談春」にゲスト出演した時のネタもこれだった。

 従来の『野ざらし』では骨に酒を掛けた八五郎の独り言を聞いた野だいこが祝儀目当てで長屋を訪れ「新朝というタイコです」と名乗り、「新町の太鼓? しまった、あれは馬の骨か」でサゲ。これは新町に太鼓の店があったこと、太鼓には馬の皮が用いられたことに掛けているが、多くの演者はこのサゲまで演らず、八五郎が釣り人たちに迷惑を掛けまくったところで終える。

 だが『夜鷹の野ざらし』は後半にこそ意味がある。冒頭の「隣家の尾形清十郎を幽霊が訪れた」という話の謎解きがなされるからだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン