芸能

山田邦子、岩崎宏美、横山剣らが語る『みんなうた』に携わった喜び

aa

自身も幼少期に『みんなのうた』を見ていたという山田邦子(撮影/関谷知幸)

 NHK総合、Eテレ、NHK-FMなどで毎日放送されている5分間の音楽番組『みんなのうた』が、4月に60周年を迎える。子供から大人まで、幅広い世代が楽しめるオリジナル曲が揃うこの番組。60年の間にはさまざまな「うたの作り手」が誕生した。

「NHKからは、作詞、作曲のどちらでもいいから(やってほしい)と言われたんです」

 タレントの山田邦子(60才)が懐かしそうに振り返る。NHK「好きなタレント調査」で初の1位になった人気絶頂の1988年、『みんなのうた』からオファーがあったという。

「本当に『なんでもいい』って言ってくれて、それがすごくうれしくて、『やります!』って即答したのを覚えていますね」(山田)

 山田にとって『みんなのうた』は、幼い頃の記憶を思い出させるものだった。

「兄も弟も病気がちだったから、私は小さい頃に母に構ってもらうことができなかったんです。家の中ではうるさくできないし、当時はゲームや携帯がないから、祖母の仏間にあったテレビの音を小さくして『みんなのうた』をよく見ていました」(山田)

 NHKからの依頼を受けた山田が作ったのが『サボテンがにくい』という曲。いつも雑に扱われているのに、ある日突然きれいな花を咲かせるサボテンに淡い思いを寄せるチャーミングな歌だ。この曲がオンエアされると、母が声を弾ませて連絡してきた。

「『あの番組にあなたの曲が出るなんてすごいね』と本当に喜んでくれました。『変な歌だけど』とも言われたけれど、アハハ。当時は突然頭を丸坊主にしてみたりなど母には心配をかけていましたが、サボテンの曲で親孝行ができた気がします。そのあと『ちょっとずつ秋』(1989年)という歌も作らせていただきました」(山田)

 世に知られていない気鋭のクリエイターと有名歌手がコラボすることも『みんなのうた』の見せ場のひとつだ。2003年に岩崎宏美(62才)が歌った『笑顔』は、目の見えない音楽家の永田雅紹さんが作詞作曲し、『君の名は。』を発表する前の映画監督・新海誠さんが映像を担当した。岩崎の伸びのある澄んだ声とともに、回し車をぐるぐると走るハムスターの映像が印象的な作品だ。岩崎が当時を振り返る。

「NHKからは『新海監督の光の入る映像が素晴らしいのでぜひ入れたい』と言われて、曲もとても心地よいメロディーだったので歌わせていただきました。真っすぐな歌だったから、笑顔を浮かべてストレートに歌うことを心がけました。私は子供の頃から『みんなのうた』を見て育ったので、自分の名前がテロップで出たのは本当にうれしかったですね。そして何より新海くんの映像がとてもかわいらしかった」

関連記事

トピックス