芸能

スーパークレイジー君に202票差で惜敗した美人候補がエール!

若い世代のカップルや夫婦が住みやすい街を目指したかったと語る三谷ありさ氏

若い世代のカップルや夫婦が住みやすい街を目指したかったと語る三谷ありさ氏

 昨年の都知事選に出馬し特攻服姿のダンスパフォーマンスで全国的な知名度を得たスーパークレイジー君こと西本誠氏。こんどは1月31日投開票の埼玉・戸田市議選に出馬し当選を果たしたが、「居住実態がない」とする市民からの異議申し立てを選挙管理委員会が2月16日に受理(30日以内に結論の方針)した。

 当選無効にも発展しかねない騒動に巻き込まれた西本氏に対し、同じ戸田市議選に出馬し202票差で落選したのが、女優としての活動歴もある三谷ありさ氏だ。週刊ポスト2021年3月12日号ではグラビアにも挑戦した三谷氏が、スーパークレイジー君に、そして読者にエールを贈る。

 * * *
 もともと18歳から女優・タレントとして映画やドラマ、舞台、CMなどに出演する芸能活動をしてきましたが、社会貢献をやりたい気持ちがあり、知人の埼玉・志木市議の方に勧められて出馬を決意しました。

 選挙活動は本当に大変でした。ネットには「お前が議員になったら日本が終わる」とまで書かれましたが、毎朝5時に起きて、戸田駅や戸田公園駅の駅前に立っていました。冬の寒さが厳しく、選挙カーから手を振っていたら腕に雪が積もることもありました。

 女優という経歴からスーパークレイジー君のように「落下傘候補」と間違われましたが、18歳で上京してから埼玉を拠点に活動しており、戸田には3年ぐらい住んでいます。

 クレイジー君とは、よく戸田公園駅で隣同士で演説していました。場所を譲ってくださって、優しくて良い方でした。世代交代を訴えていた点も共感していたので一緒に議員になれなかったのは残念ですが、同い年として応援しています。

 今は独身です。当選したら、“婚活応援議員”として若い世代のカップルや夫婦が住みやすい街を目指したかったです。他の候補者と横並びにならないためにも「習いごと助成制度」や「精神障害者のバリアフリー」を訴えたのですが、とがった色を出しすぎて落ちちゃいました(笑い)。

 今はウェブ広告に出演したり、行政の仕事を手伝ったりしながら、カジノディーラーを目指して勉強もしています。世界の人を相手に働きたいんです。

 掲載されている写真は初グラビアです。女優として肌の露出の多い役はやったことがありましたが、撮影は緊張しました。日照時間の短い鳥取出身なので、肌はきれいなほうだと思います。読者の皆さんにこのグラビアを見てもらって、元気になってほしですね。

【プロフィール】
みたに・ありさ/1986年3月16日生まれ、鳥取県出身。身長171cm、B88・W64・H89。脱毛エステで働きながら芸能活動を続け、今年1月、戸田市議選に出馬し落選。趣味はゴルフ、温泉めぐり、日本酒。特技はウクレレ。4年後の戸田市議選での再出馬も視野に入れている。

撮影/大杉友也

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス