国際情報

金正恩氏に“第4子”誕生情報 後継者問題はどう動くのか

2月16日に仲睦まじい姿を見せた金正恩夫妻(写真/朝鮮通信=時事)

2月16日に仲睦まじい姿を見せた金正恩夫妻(写真/朝鮮通信=時事)

 金正恩・北朝鮮国務委員長の“子供”をめぐって大騒ぎになっている。2月16日、金委員長が李雪主夫人と光明星節(故・金正日総書記の誕生日)記念公演を観覧。李夫人が約1年1か月ぶりに公の場に姿を見せた。

 これについて韓国・国家情報院(国情院)のシンクタンクである国家安保戦略研究院(戦略研)が「出産で姿を見せていなかった」という見解を示したのだ。

 この情報に韓国メディアは騒然。後に韓国統一部の李仁栄長官は「出産は把握していない」「姿を見せなかったのは新型コロナのためではないか」と出産説を否定し、戦略研も「内部資料が職員のミスで記者に配付された。戦略研の公式見解ではない」と釈明した。

 情報の真偽は不明だが、明らかになったのは韓国の情報機関が「金正恩の後継問題」に注視している事実だ。在韓ジャーナリストが言う。

「正恩には10歳くらいの長男を筆頭に3人の子供がいると言われている。いずれ長男が“金王朝”の継承者になると見られているが、断言はできない。正恩自身が三男で、長男・正男や次男・正哲を差し置いて後継者の座に座ったわけです。その後、正男は正恩の指示で暗殺されている。

 もし正恩の子供が新たに誕生すれば、将来の火種になる可能性は十分ある。韓国が調査に躍起になるのは当然です」

関連キーワード

関連記事

トピックス