• TOP
  • 芸能
  • 尼神インター誠子が脱帽 田中みな実、弘中綾香の「あざとさの魅力」

芸能

2021.03.05 19:00  週刊ポスト

尼神インター誠子が脱帽 田中みな実、弘中綾香の「あざとさの魅力」

弘中綾香アナについて、尼神インターの誠子が本音を語る(写真/ロケットパンチ)

弘中綾香アナについて、尼神インターの誠子が語る(写真/ロケットパンチ)

 元TBSの田中みな実アナ、テレビ朝日の弘中綾香アナといえば「あざとさ」で知られる。そのキャラは、バラエティ番組では「女性芸人」と衝突しがちだ。あざとい女子アナをどう思っているのか──尼神インターの誠子が本音を語った。

 * * *
 田中みな実さんと共演して、ちょっと感動したんですよ。「あざとさ」という“伝統芸能”を間近で見せてもらったという気持ちが半分。ただ、もう半分では「同級生にいたら絶対に仲良くなってないな」って(笑い)。

 というのは、10代の頃はあざとさの魅力が分からず「男ウケしたいだけやろ」という感覚やったと思うんです。でも共演すると、みな実さんのあざとさは、他の共演者に求められていることを察知して、視聴者のニーズに応えているって感じがするんですよね。

 自分が「こう見られたい」というよりも、共演者や場の状況を俯瞰で見て、何を言ったら喜ばれるかを把握してはるんです。だから、みな実さんは「能力者やな」って思います。

 悔しかったのは、2017年に『有吉ジャポン』(TBS系)でみな実さんと共演した時。私が、服の上から乳首に洗濯ばさみをはさんで引っ張る「乳首洗濯ばさみ」という芸を披露したら、有吉さんが「(田中も)やってみたら?」って。女子アナやからやらないのかと思いきや、みな実さんは「やります」。痛がるリアクションをして、スタジオは大爆笑でした。

 あざと可愛いなんて言われるけど、そういう根性もあるんや……と思ったし、男性からの好感度もあがりますよね。笑いもモテも両方持っていくなんて、せこいわ(笑い)。

 弘中綾香さん(テレビ朝日)は、もう少し“天然のあざとさ”って印象ですね。

関連記事

トピックス