• TOP
  • 国内
  • 震災から10年、被災地・宮城県の歩み 流された国道の橋も復旧

国内

2021.03.09 19:00  週刊ポスト

震災から10年、被災地・宮城県の歩み 流された国道の橋も復旧

震災から10年、宮城の街並みはどう変わった?

震災から10年、宮城の街並みはどう変わった?(写真は2011年3月20日、撮影/片野田斎)

 東日本大震災から10年。被災地の人々は笑顔を取り戻したように見える。しかし、震災関連死はこの10年で3767人にのぼっている。前例のない37兆円を超える復興予算で、被災地はどこまで復興したのか──。ここでは、本誌・週刊ポストが10年間見つめ続けた「宮城県」の復興する風景を定点観測でレポートする。

●宮城・南三陸町(2011年3月20日→2021年2月19日)

2021年2月19日の宮城・南三陸町、現在、伊里前川の河川堤防は8.7mの高さで整備

2021年2月19日の宮城・南三陸町、現在、伊里前川の河川堤防は8.7mの高さで整備(撮影/片野田斎)

 JR気仙沼線「歌津駅」があった付近。駅舎は流され、すべての窓ガラスが割れた銀行では、金庫がむき出しになった。現在、伊里前川の河川堤防は8.7mの高さで整備。「歌津駅」は気仙沼線BRTのバス停留所として営業。町全体が移転し、当時の面影はない。

●宮城・気仙沼市(2011年5月4日→2021年2月26日)

2011年5月4日、宮城・気仙沼市

2011年5月4日、宮城・気仙沼市(撮影/小倉雄一郎)

2021年2月26日、宮城・気仙沼市。老舗飲食店「かもめ食堂」も、2015年に旧店舗から数百m離れた場所で営業を再開

2021年2月26日、宮城・気仙沼市。老舗飲食店「かもめ食堂」も、2015年に旧店舗から数百m離れた場所で営業を再開(撮影/小倉雄一郎)

 現在、気仙沼港近くでは朝市なども再開され、人通りも活発になった。津波で全壊した1942年創業の老舗飲食店「かもめ食堂」も、2015年に旧店舗から数百m離れた場所で営業を再開。地元住民や漁師たちは、待ち望んでいた名物のラーメンに舌鼓を打っている。

関連記事

トピックス