芸能

YouTubeが人気の石橋貴明、“イジり役”脱却しゲスト出演で地上波復活か

Twitter、Instagramの公式アカウントも開始した(AFP=時事)

YouTubeで返り咲いた石橋(AFP=時事)

 一度は“戦力外通告”を受けた男が檜舞台に戻ってきた。2018年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、ゴールデンタイムのレギュラー番組が消滅したとんねるずの石橋貴明(59才)が、YouTubeを足がかりとして華麗に復活。地上波でも再び存在感を示し始めている。

 1980年代からテレビ界の王者として君臨し続けてきたとんねるずに激震が走ったのが、“みなさん”終了という事件だった。『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)、お正月特番の『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!』(テレビ朝日系)など、数々の人気番組を生み、中居正広とコンビを組んだ『うたばん』(TBS系)も大当たり。しかし、次第に番組が終わり、ついに“みなさん”が終わった当時の状況を、石橋は今年1月放送の『情熱大陸』(TBS系)で、「戦力外通告」と表現した。ネット界の状況に詳しいネットニュース編集者はいう。

「長年、トップランナーとして走り続けてきたとんねるずですが、ネット界隈では嫌われ者で、とにかくアンチが多いことで知られていました。体育会的なノリを貫くスタイルが“パワハラだ”という指摘は常にありましたし、生まれた時から不景気な時代しか知らない若者にとって、何十年もバブルを引きずる彼らは“老害”以外の何者でもなかった。ある種、若者のテレビ離れを招いた象徴のような存在と言われることもありました」(ネットニュース編集者)

 しかし、息を吹き返すのは早かった。“みなさん”終了を受けて始まった『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)は芳しい結果を得られなかったが、昨年6月に公式YouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を始めると、登録者数はみるみる増え、現在157万人に達している。エンタメ誌記者はいう。

「テレビで『嫌なら見るな』と言ったら大炎上必至ですが、YouTubeなら法に触れない限り好き勝手にやってもいいわけですし、石橋も『嫌なら見るな』と言えばいいだけ。“オレ様スタイル”を貫いてきた石橋には、YouTubeはピッタリの場所でした。現在、YouTubeに参入する芸能人が相次いでいますが、予算も人脈もあり、地上波ではやりたくてもできないことが山ほどあった石橋が参入すれば、他のYouTuberを凌駕するのは自然の流れです。

 しかもタイミングが最高でした。コロナによるステイホームでテレビ視聴率が上がるなか、テレビの退屈さに飽きた層がYouTubeに流れ、名前を知る石橋のチャンネルに大量に流れ着いた。一方では、テレビよりもっぱらYouTubeに親しむ若い世代も、“テレビの石橋”はイヤでも、“YouTuber石橋”なら抵抗なく受け入れることができた。その結果が100数十万人という登録者数に現れています」(エンタメ誌記者)

関連記事

トピックス