芸能

アーティストが受けたコロナショック ANTHEM柴田直人氏が語る「現実」

「鋼鉄フェスティバルVol.4 ANTHEM」にて。右から二人目が柴田直人氏

「鋼鉄フェスティバルVol.4 ANTHEM」にて。右から二人目が柴田直人氏

 新型コロナウイルスショックがアーティストを直撃している。感染症対策の理由から、動員数の制限があるなど、以前のようなライブ活動を行うことができないなか、ビジネス面はもちろん、アーティストのマインド面にも影響は及んだ。2020年、デビュー35周年というアニバーサリーイヤーに新型コロナの感染拡大が重なり、苦悩した、ヘヴィメタルバンドANTHEMのリーダー・柴田直人氏に心境を聞いた。

アニバーサリーイヤーに新型コロナショック直撃という悪夢

 ANTHEMは1985年にデビューし、解散・再結成、幾たびのメンバーチェンジなどを乗り越えつつ、活動を継続してきた。特にここ数年の活躍は、攻撃的そのものだった。2019年には数々の名盤を手掛けてきたイェンス・ボグレンをミキサーに迎え、全英語詞再録音ベスト・アルバム『NUCLEUS』を全世界同時発売。ヨーロッパのフェスへの出演、数度にわたる国内ツアーなど精力的に活動した。ライブのチケットもSOLD OUTの連続だった。

 デビュー35周年となる2020年は、アルバムの全曲再現ライブ、ヨーロッパで開催されるフェスティバルへの出演、歴代メンバーを迎えた国内ツアーなどが予定されていた。記念ツアー最終日の東京公演には、レインボー、アルカトラスなどで活躍した大御所ボーカリスト、グラハム・ボネットをスペシャルゲストとして招く予定だった。

 しかし、最高のものになるはずだった年は、最悪の年になってしまった。

「正直、ミュージシャン生活で初めてと言っていい、やる気がまったく起こらない状態になってしまいました。ライブができなかったのは、言ってみれば35年のうちの1年だけ。でもその1年は僕にとってはもう、筆舌に尽くしがたい苦悩の日々でした」(柴田直人氏、以下「」内同)

 日本のヘヴィメタル界の重鎮からの一言は、重かった。昨年、行った主な活動は感染拡大前の2月に行ったライブ1本と、過去のライブ映像の配信くらいだった。ファンもメンバーも待ち望んでいたアニバーサリーツアーは2021年に延期となった。アコースティックライブの実施を模索したが、これも中止になった。

実に1年ぶりとなるANTHEMのライブ。声を出すことは禁止だが、観客は身体全体でバンドに熱をおくる

実に1年ぶりとなるANTHEMのライブ。声を出すことは禁止だが、観客は身体全体でバンドに熱をおくる

 何もかもが止まってしまった。柴田氏は2020年をこう振り返る。

「去年の僕は、名前も身体も、僕ではあったけど僕ではなかった。ファンの方たちに向けて毎日発信しているSNSで、内心の苦悩については書きませんでした。嘘は絶対に書かない主義なのだけれど、他愛ないことでも喜んでもらえた方が嬉しいから。でも、僕の言葉遣いや表現で、心の奥底にあるものを感じてくれている方もいたかもしれません」

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン