スポーツ

佐々木朗希と大谷翔平 1年休んだ怪物たちが見せた「大変身」

好調な兆しを見せる大谷翔平と佐々木朗希に共通する点は?(時事通信フォト)

好調な兆しを見せる大谷翔平と佐々木朗希に共通する点は?(時事通信フォト)

 高校時代に球速163キロを記録し、“令和の怪物”と呼ばれながらも、ルーキーイヤーは登板がなかったロッテ・佐々木朗希(19)が3月12日、中日とのオープン戦に登場。プロ初の実戦登板で4番ビシエドを152キロのストレートで見逃し三振に仕留め、上位打線を3人で退けた。

 海の向こうでは、2018年オフの右肘手術以降、2019年は登板ゼロ、昨年も2試合のみだった大谷翔平(26)が、投手としても本格復帰しそうだ。オープン戦では球速160キロ超えを記録している。

「大谷も佐々木も、直球ばかり注目されますが、マウンドに上がらなかった期間にいい調整ができたことは、変化球の鋭さから見て取れます」

 そう語るのは西武、ソフトバンク、楽天で投手コーチを務めた杉本正氏。

 大谷は3月14日のオープン戦で低めのカーブで空振り三振を奪うと、打者が敬意を表わすサムズアップをしたことが話題に。一方の佐々木は、初登板で1球だけ外角のスライダーを投じたが、球速は141キロを記録した。

「共通するのは腕がしっかり振れていること。腕が振れると球持ちがよくなり、スライダーやカーブが打者の手元で変化する。昨シーズンの大谷は体を大きく使えていないように見えましたが、万全に戻ってきた印象。佐々木も1年かけてバランス良く強化できた証拠でしょう。力が抜けていて、フォームに“間”があるからコントロールがよくなる。6月頃には一軍のマウンドに立てるのではないか」(杉本氏)

 2人の“怪物”が主役に返り咲く日は近そうだ。

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス