スポーツ

大相撲「溜席の妖精」に関係者騒然 向正面の良座席をどう手に入れたのか

「溜席の妖精」は3月場所にも来て話題に

「溜席の妖精」は3月場所にも来て話題に

 1月の大相撲初場所では、NHK中継で向正面の東花道(テレビ画面では左上隅)に映り込む、背筋をピンと伸ばしたマスク美人がインターネット上で話題になった。毎日、同じ位置に座っていたことで、「溜席の妖精」なる呼び名がついた。そのマスク美人が、3月の春場所にも姿を見せ、注目を集めている。今場所は位置が少し変わって、向正面のほぼ中央の西花道寄り(テレビ画面では中央右上)に座っている。

「先場所、あまりにもネットで盛り上がったためか、土俵外の話題を好まないNHKの中継カメラマンには“できるだけ映さないように”という指示が出たらしいといった話も聞こえてきました。そのせいか、場所後半は中継への登場頻度がかなり減り、勝ち力士が花道を引き揚げていく時に映り込むくらいになっていた」(担当記者)

 今場所は画面の中央付近に座っているので、力士の仕切りの間から取組中、勝ち名乗りを受けるところまで、どうやっても映ることになる。それがまた、関係者の間でも話題になっていという。

「あのあたりの溜席は、テレビに常に映ることから、芸能人やタレントに人気の席です。向正面だと行司の背中側から土俵を見ることになるので、観戦するうえでは正面の席に少し劣る。天覧相撲の際に天皇陛下が座るロイヤルボックスは正面の2階席にあるわけですから」(前出・担当記者)

 大相撲のチケットは、“このあたりの席がいい”と思っても、簡単に手に入るものではない。複雑極まりない販売ルールがあるのだ。コロナ禍のなかでの開催となった3月場所では、先行抽選やコンビニ販売はなく、相撲協会の公式販売サイト「チケット大相撲」を中心に、溜席や4人枡席(2人使用)、椅子席の一般販売が行われた。

 ただ、こうした一般販売に出されるのはチケットの一部だ。コロナ前に通常開催されていた際は、協会がネットや電話、窓口を通じて直接売りに出すチケットは全体のおよそ3割といわれていた。「残りの7割は『相撲茶屋』に委託されて販売されており、東京開催場所での升席の1~8列目(マス席A)などは、ほとんどが茶屋を通じて売られていく」(協会関係者)のである。
 

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン