ライフ

印刷博物館【2】ガリ版印刷の全手動コピー機に壇蜜「懐かし~い」

1962年、『東京オリンピック第2号ポスター』の前にて(オリンピック東京大会組織委員会。デザイン:亀倉雄策、フォトディレクション:村越襄、写真:早﨑治)

1962年『東京オリンピック第2号ポスター』の前にて(オリンピック東京大会組織委員会。 デザイン:亀倉雄策、フォトディレクション:村越襄、写真:早﨑治)

 美術史家で明治学院大学教授の山下裕二氏と、タレントの壇蜜。日本美術応援団の2人が、日本の美術館や博物館の常設展を巡るこのシリーズ。今回は東京都・文京区の印刷博物館の第2回。2人がカラー印刷技術の進化がうかがえる展示物を見て回る。

山下:印刷博物館は展示室が「印刷の日本史」「印刷の世界史」「印刷×技術」「印刷工房」の4エリアにわかれ、ここ「印刷×技術」では製版方法を詳しく学ぶことができます。印刷物も展示され、『東京オリンピック第2号ポスター』は日本で初めてのB全版グラビア多色刷りのポスターです。

壇蜜:選手たちの息遣いや鼓動まで聞こえてきそうな迫力あるポスターです。あれはもしや、ガリ版ですか!? 懐かし~い。保育園の時にやったことがあります。手を真っ黒にしながら刷って楽しかったなぁ。

山下:昔懐かしいガリ版印刷はいわば全手動のコピー機。手書きの文字や図柄がわら半紙に刷られて、ぬくもりがありましたね。

壇蜜:こちらの石版はまた大きくて重そうですねぇ。

山下:オフセット印刷の元となった石版の平版印刷です。石の重さは100kg以上。色ごとに刷りわけ、展示ポスターには12色以上の色が重ねられています。

壇蜜:この平らな版からポスターができるなんて夢心地です。文字や柄が彫られていたのが描かれるようになり、凹凸のある版がなめらかになったことに印刷技術の進化が感じられます。

【プロフィール】
山下裕二(やました・ゆうじ)/1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻、小学館刊)監修を務める、日本美術応援団団長。

壇蜜(だん・みつ)/1980年生まれ。タレント。執筆、芝居、バラエティほか幅広く活躍。近著に『三十路女は分が悪い』(中央公論新社刊)。

●印刷博物館
【開館時間】10時~18時(最終入館は閉館30分前まで)
【休館日】月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替え期間
【入館料】一般400円
【住所】東京都文京区水道1-3-3トッパン小石川ビル

撮影/太田真三 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2021年4月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト