芸能

都はるみ&矢崎滋にほっこり 熟年カップルは一日にして成らず

東北地方の1泊5000円といわれるビジネスホテルで暮らす矢崎サンのもとへ、東京から頻繁に会いに行くはるみサン。そっと応援しています

東北地方の1泊5000円といわれるビジネスホテルで暮らす矢崎サンのもとへ、東京から頻繁に会いに行く都はるみ

 芸能界の恋愛ニュースというと、不倫だなんだとネガティブなものも多いが、なかにはほっこりさせられるもの。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、世間を温かい気持ちにさせた“熟年カップル“について分析する。

 * * *

50才以上女性の視聴率がとても高かったほっこりニュース

「歌手の都はるみサン(73才)に熱愛報道です。恋の舞台は“北の宿”。東北地方でひっそり愛を育む演歌の女王。お相手はCMでおなじみのベテラン俳優さんでした」

 3月12日オンエアの『バイキングMORE』(フジテレビ系)の冒頭、伊藤利尋アナウンサー(48才)による放送内容紹介は、まるで玉置宏さん(享年76)か西寄ひがしサン(47才)による名曲のイントロに合わせたナレーションのようでした。

 同日発売の写真週刊誌が報じたのは、共に表舞台から姿を消した大物歌手=都はるみサンと、はるみサンの座長公演で共演したベテラン俳優=矢崎滋サン(73才)との熱愛。

 早春とはいえ、まだダウンジャケットが必要な東北地方にあって、仲睦まじく寄り添い合うおふたりの写真に、「ささくれ立った世の中で、ポッと心に明かりが灯るような」とコメントしたのはゲストの南美希子サン(65才)。「せっかく穏やかに暮らしているのに」と、おふたりを思いやったのは田中美佐子サン(61才)でした。

 ふだんは不倫報道をはじめ、「人の家のことには興味がない」という姿勢を貫いていらっしゃる土田晃之サン(48才)までもが「ほっこりする」と言い、しかし、「60過ぎたら放っといてあげて」と美佐子サンに同調。「それでは、この番組は成り立たない」としながらもMCの坂上忍サン(53才)も「もう、いいんじゃない?」と久しぶりに表情を緩めたものです。

 視聴者の皆さんの中でも、F3(50~64才女性)やF4(65才以上女性)のハートに刺さったニュースだったようで、同日の放送は、その層の視聴率がとても高かったと聞きました。

 私も本音では「そっとしておいてあげたい」のですが、ページの性格上、もう少し掘り下げさせていただくことにします。

 矢崎サンのことを伊藤アナが「CMでおなじみの~」と紹介したのは、20年間にもわたり出演を続け、2006年に降板した『白鶴 まる』のこと。その後、氷川きよしサン(43才)やTOKIOの城島茂サン(50才)も出演した人気CMです。が、やはり矢崎サンが、おなじみのCMソングをバックに漁師の皆さんと「まるッ」とポーズをキメたシリーズが印象的でした。

 だからでしょう、矢崎サンは降板時、白鶴酒造さんから功労金をいただいたのだとか。いわく、その額は、サラリーマンの退職金よりも多い額だったというのです。

 矢崎サンが「ここなら、つつましく生きていける」としながらも、東北地方で“ホテル住まい”できているのは、この功労金のおかげもあるようです。

 俳優業が“引退状態”である矢崎サンと、2015年の全国ツアーを最後に表舞台から姿を消していらした都はるみサン。では、ミリオンヒットを含め、代表曲が何曲もあり、公演を行えばギャラが数千万円に及んだといわれたはるみサンが現役時代に稼いだ額は、どれほどになるのか。矢崎サンに倣ってサラリーマンに例えたならば、何百人分もの生涯賃金以上ではないでしょうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン