芸能

ゲストが本音を炸裂させる『あちこちオードリー』 春日と若林の妙

ゲストが心を許す秘密とは?(Getty Images)

ゲストが本音をもらす理由とは?(Getty Images)

 お笑いコンビ・オードリーが番組MCを務めるトークバラエティ『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京)が、3月末より放送時間を変更。毎週火曜深夜1時台の30分番組だったが、3月31日からは毎週水曜夜23時台の1時間番組となり、めでたく枠移行&枠拡大を果たした。若林正恭は「攻めないとね。戦うしかない時間帯だもんね」と冗談めかして意気込みを語っている。

 放送開始1周年を記念して、昨年10月に開催された番組初のオンラインライブは4万2000人を動員。数多くのトークバラエティ番組が存在する中で、『あちこちオードリー』の魅力として、「本音トーク」が挙げられる。

 トークバラエティでは通常、出演者に事前アンケートを実施し、そちらの回答を元に台本が作られる。つまり、どんな爆弾発言であろうと、ほとんどの場合、事前の打ち合わせがしっかりされているものなのだ。しかし、『あちこちオードリー』は、「事前アンケートなし、打ち合わせ無しの、フリートークバラエティ」を謳っている。

 会話を通して自然と引き出される形だからこそ、ゲストもうっかり本音をもらしてしまうのだろうか。ゲストたちの発言は、毎週のようにネットニュースにされている。最近の放送では、雨上がり決死隊の蛍原徹が相方・宮迫博之とのやり取りについて明かしたことや、タレントの藤田ニコルが「もう解放して」「うちらは慣れなきゃいけない」とアンチへの本音を語ったことなどが話題になった。

『あちこちオードリー』は、「日本一油断しちゃう居酒屋」をコンセプトとして、番組セットなども居酒屋を模している。なるほど、リラックスした雰囲気だからこそ、ゲストも「油断」しやすいのだろう。

関連記事

トピックス