ライフ

マッチングアプリで15人とデートした漫画家が明かす「モテるコツ」

意中の男性と歓談中の女性(GettyImages)

意中の男性と歓談中の女性(写真はイメージ、Ph:Getty Images)

 近頃、急激に普及しているのが、マッチングアプリだ。20代、30代はもちろん、40代以上の利用者も増加しているという。

 そこで、マッチングアプリ「ティンダー」を使い、多くの“年下男子”との恋愛を経験し、その日々を赤裸々に描いた漫画家・松本千秋さんに、モテるコツと上級者向けのマッチングアプリ使いこなし術を教えてもらった。

 マッチングアプリを始めたきっかけは、価値観が合う友達探しだったと言う松本さん。

「私は初めてつきあった男性と24才で結婚しました。でも、13年間の結婚生活はつまらなかったし、今後の人生、元夫としか愛し合った経験がないというのはどうかと思ったんです。いろんな人と出会いたかったんですよね」

 それで選んだのが、“距離”で相手を探せるティンダー。当時は、人口密度の高い東京都渋谷区に住んでいたせいか、登録後3分で99人以上の人から「Like」をもらった。

「正直、最初は理解できませんでした。実年齢を公表し、顔はスタンプで半分隠して載せていたのに、なぜこんなにモテるのかと……。ティンダーの場合、すぐに会って遊ぶことを目的とした登録者が多かったから、気軽に『Like』を送るんでしょうね」

 とはいえ、松本さんは相手を厳選したという。

「私は20代のイケメン狙いだったので、顔が好みなのが大前提でした。いいと思ったら、相手の写真を見て、過度な画像補正をしていないかをチェック。そして会う前に、相手の実名をインターネットで検索。学生なら大学名が、モデルや俳優の場合は所属事務所がわかる人と会いました。何かあったら所属団体に問い合わせようという自衛策です」

 イケメンとは、ただ話していても楽しかったという。自分の条件を最優先するのが、相手探しをするうえで重要なのかもしれない。

関連記事

トピックス