芸能

膀胱がん公表のサンド伊達 小4の愛娘と交わした「10年後の約束」

五輪ではアンバサダーも務める

膀胱がんを公表したサンド伊達(写真は今年3月)

 コワモテな見た目からは想像できない温かい人柄とコンビ仲のよさから、2007年の『M-1グランプリ』優勝以降、不動の人気を誇ってきたサンドウィッチマン。仙台出身の彼らは、震災で落ち込む地元を元気づけようと、この10年間がむしゃらに進んできたが、レギュラー番組が増える一方で、体は悲鳴を上げ始めていた──。

 伊達みきお(46才)が膀胱がんの手術を受けたことを公表したのは、3月25日に行われた聖火リレーの出発式典の翌日のこと。がんが見つかったのは2月で、幸いにしてステージ1の早期発見。手術は3月中旬に都内の病院で行われ、約1週間の入院を経て、順調な経過をたどっているという。

 伊達は、お酒は飲まないが、大の甘党で愛煙家。レギュラー番組14本の忙しい生活の中で、高カロリーな食事を好んでいた。そんな伊達の不摂生を心配する周囲に対し、のほほんとしていたが、ここ1年ほどで心境の変化があったという。

「“もう1人の母”と慕っていたというおばさんを、昨年4月に亡くしています。電話で話をした翌日のことだけに、ショックが大きかったようです。その直後には、舞台で交流のあった30代の演出家を、11月には幼い頃からの大親友を亡くしました。親友はがんだったそうで、見つかったときには余命3か月と宣告されたそうです。

 以前の彼は、自分は丈夫だからと不摂生を続けていましたが、周りの人が悲しむ姿を目にし、さすがに堪えたようです。すぐに病院へ行ったのも、身近な人を次々に亡くし、“もしかしたら自分も……“という怖さがあったからでしょう」(芸能関係者)

 今回、すぐさま病院で検査を受けたのは身近な人の死が続いたからだけではない。彼には、“絶対に守らなければいけない存在”があった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン