ライフ

ドン小西氏、弘兼憲史氏らが実践する「人生のダウンサイジング」

著名人が実践する人生のダウンサイジングとは?(写真提供/ドン小西)

著名人が実践する人生のダウンサイジングとは?(写真提供/ドン小西)

 ファッションデザイナーのドン小西氏(70)は現在、仕事のダウンサイジングを実践中だ。一時は200人の従業員を抱えていたが、2018年に4つあった会社を1つにした。

「事務所を構えて人を雇うというのは、50代の頃は頑張れたけど、年齢に応じて背負うものは違ってくる。毎日会社に顔を出して従業員に気を配っていると、人生の最後を飾ろうとする自分としては違うなと思った。

 4つの会社を持って頑張れば年間10億は稼げたと思うよ。しかしもうお金ではないんだよね。そりゃ僕だって一時期は何億稼げるんだろうと思いながら仕事していた頃もあったけど、虚しかったよ。今はとにかく量より質。本当にやりたいと思う仕事だけに専念している」

 会社を1つにしたことで、10枚持ち歩いていたクレジットカードは2枚になったという。

「スリム化したことで会社の経費も5分の1になった。そうなると心にも余裕ができて、税金も“社会貢献だ”と思えるようになってセコい節税もしなくなった。本当にカッコイイ大人は、“足し算”じゃなくて“引き算”なんだよ」

連絡先を消去

 ドン小西氏は仕事と同時に、人間関係もダウンサイジングしている。

「アドレス帳の登録も5万人近くあったのを280人ぐらいに厳選した。先日、LINEの連絡先も200件くらい消しました。面白いことに、薄い付き合いの連絡先を消去したら、LINEのスタンプも使わなくなった。スタンプって社交辞令で適当に返事する時に便利なものでしょう。濃い付き合いの人だけに人間関係を厳選したら、スタンプではなく、ちゃんと文章で返すようになったんだよ(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン