ビジネス

サントリーワイン女性社長が語る「良いパフォーマンスを生むチーム論」とは

コロナで気づいたオンライン会議のメリット

――昨年から続くコロナ禍で仕事のやり方もずいぶん変わったのではないですか。

吉雄:会議自体もあまり長時間化しないよう、できるだけコンパクトにしようと思っていますが、いろいろな部署のメンバーが一堂に会し、じっくりと話ができたほうが、後々、綻びもないと思うんです。

 コロナ禍ということもあって、この1年は会議の多くをオンラインで行いましたが、ウエブ会議の良さも発見できた1年でした。メリットとしては、在宅でのテレワークですから、メンバー各人が出社時以上にゆったりと、より生活者としての目線で話ができることが挙げられます。

 もちろん、デザインや販売予算を決めていくような場合はリアル会議のほうが望ましいですが、ターゲットにするお客様の実像をあぶり出していくという点では、より発想が柔軟になる在宅テレワークとの親和性が高いのではないでしょうか。

 また、競合他社の皆さんも、きっとそういう蓄積がより積み上がっていますので、業界全体としても消費者インサイトの検証レベルが上がっていると思います。

「オンライン会議の増加で、より生活者としての目線で話ができるようになった」と吉雄氏

「オンライン会議の増加で、より生活者としての目線で話ができるようになった」と吉雄氏

多くの議論がヒットに結びついた「オランジーナ」

――横断的なメンバー構成で成功した、過去の代表的な事例にはどんなものがありますか。

吉雄:「金麦」もそうですが、清涼飲料では、フランスのオランジーナ・シュウェップス社を買収(2009年11月)した後、果汁入り炭酸飲料の「オランジーナ」を日本に導入する際も、いろいろな部署のメンバーと話し合いました。

 まず商品名について、日本人には聞き慣れないフランス語読みの「オランジーナ」ではなく、“オレンジーナ”のほうがいいのではといった議論もありましたね。

 また、容器形状も、フランスではバルビーボトルというんですが、要は電球状の瓶容器で、とても印象的な容器ではあるものの、そのまま日本に持ち込んでも馴染まないことから、デザイナーと何度も試行錯誤し、しっくりくるペットボトル形状に仕上げていきました。

「オランジーナ」は、一度飲んでいただければ非常に美味しいと感じていただける自信がありましたので、ペットボトルのデザインに、フランスの国旗を入れてフランス生まれの商品であることを強調したりと、できる限りのことをやって、結果としてヒットにつながりました。

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン