芸能

カリスマモデル滝沢眞規子の夫が「韓国で大炎上」謝罪の一部始終

カリスマ主婦モデルの夫に炎上騒動

カリスマ主婦モデルの夫に炎上騒動

 カリスマ主婦モデル滝沢眞規子(42才)の夫で、ファッションブランド『NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)』の代表、滝沢伸介氏(54才)が、日韓問題に巻き込まれている。

 滝沢夫妻といえば、誰もが羨むセレブ夫婦だ。

 都内の高級住宅地にある地上階地下2階、300平方メートルを超す大豪邸。光が差し込む1階の吹き抜けのリビングには大きな食卓があり、目にも鮮やかな彼女の手料理の数々が並ぶ。ガレージにはポルシェやベントレーなどの高級外車が停まっている。

 妻の滝沢眞規子はタキマキの愛称で知られ、カリスマ主婦モデルとして、30代、40代の女性から熱い支持を受けている。2009年に東京・恵比寿でスカウトされて、専業主婦からモデルへ転身。2016年10月からはファッション誌『VERY』(光文社)の表紙モデルに大抜擢された。

 夫の伸介氏も、裏原宿文化の先駆けとなったデザイナーで、ネイバーフッドを1994年に立ち上げると、とんねるずの木梨憲武(59才)や長瀬智也(42才)も愛用するなど、人気ブランドに。

 まぶしすぎるカリスマ夫婦だからだろうか。最近、夫が日韓問題に発展しかねないトラブルを起こし、全面謝罪をしていた“影”はあまり知られていない。

「ネイバーフッドが韓国のアウトドア用品メーカー『HELINOX(ヘリノックス)』とコラボした製品8点が、韓国国内で“炎上”し、日韓両国で販売中止に追い込まれてしまったんです」(韓国在住ジャーナリスト)

 ネイバーフッドは東アジアにも積極的に進出しており、ヘリノックスとは2015年からコラボを開始。今年は4月17日から新作コラボ商品が発売予定のはずだった。

「3月29日、ネイバーフッドの公式ホームページに掲載された商品紹介には、コラボ商品のカラーが“IJN(Imperial Japanese Navy)グレー”と書かれていた。これが大問題となったのです。韓国の一部消費者から『IJNは日本帝国海軍を意味し、日本による韓国統治を想起させる』との抗議が殺到しました」(前出・韓国在住ジャーナリスト)

 翌30日、ヘリノックスの動きは速かった。自社の公式ブログに公開する形でネイバーフッドに抗議文書を送っている。その抗議文を読めば、韓国側の怒りの激しさが透けて見える。
以下、多少長くはなるが、ヘリノックスの代表ラ・ヨンファン氏が、ネイバーフッドに送った抗議文書の翻訳である。

《ネイバーフッド代表様

本日、弊社と貴社の今年のコラボレーション製品が貴社のホームページに掲載されたという事実を伺いました。

何年も繰り返し行ってきたコラボレーションですが、今年はコロナのために担当者同士が一度も顔を合わせることが出来ないまま進行されましたが、その中でも良い作品が出来たと考えていましたが、詳細を知ってみると重大な問題があったようです。

弊社は今年のグレーカラーが日本帝国海軍のグレーカラーだという事実は夢にも思っていませんでした。

韓国と韓国国民においては1910年から1945年までの間の日本帝国による植民地時代の傷が今も生々しいです。
私たちが今は過去の傷を忘れて友人になろうとしていますが、今もなお日本帝国主義の時代を直接的に象徴し、また意味を想起させることは韓国人には禁忌であり、これ以上の無礼な事はないのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン