• TOP
  • ビジネス
  • コロナ禍でも開業続けるビジネスホテル 生き残りをかけた「食事」「大浴場」の進化

ビジネス

2021.05.02 07:00  NEWSポストセブン

コロナ禍でも開業続けるビジネスホテル 生き残りをかけた「食事」「大浴場」の進化

天然温泉 豊穣の湯 ドーミーイン池袋」の大浴場

「天然温泉 豊穣の湯 ドーミーイン池袋」の大浴場

 3回目の緊急事態宣言下で再び苦しい経営を迫られているホテル業界。特に“出張族”やインバウンド需要が激減したビジネスホテルは、生き残りをかけてあの手この手の努力を続けている。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、コロナ禍にオープンした2つのビジネスホテルを取材した。

 * * *
 ビジネスホテルは業界で“宿泊特化型ホテル”といわれ、シングルルームを主体とした客室で構成されている。

 客室で構成というのは、朝食を食べるようなスペースは設けられてはいるものの、基本的には宿泊機能が施設のメイン要素になっていることを意味する。一方、ビジネスホテルと対比されるシティホテルは、客室以外にもダイニングレストランやバー、宴会場や結婚式場など多彩な施設を擁するのが特徴的だ。

 コロナ禍では人が集まることそのものが忌避されてきたため、シティホテルで宿泊以外の需要が激減したのは当然の成り行きだった。コロナ禍でクローズした多くのホテルも、古い施設という点に加え、まさにこうした宿泊以外の需要を見込んでいたホテルだった。

コロナ禍でも真価を発揮するビジホとは?

 景気が良いと収益の柱となる部門は、一転して不景気になれば足かせになるのは言わずもがな。その点、ビジネスホテルは収益性に加えて開業までに要する期間や省人力という点からリスクも少ないとされる。近年は供給過多も指摘されていたが、インバウンドの活況も追い風となり、大量に客室供給されてきた。

 ビジネスホテルそのものがコモディティ化する中、近年ライバルとの差別化合戦という様相も呈してきた。いまでは人気ホテルの設備やアイテムをそっくり導入する“後追いホテル”も数多く見られるようになった。

 ライバルにない強みを持ち続け、コストを投入して進化させる努力を惜しまなければ、それがブランド力となって表われる。従前から人気に甘んじることなくこうした努力を続けてきたビジネスホテルブランドは、コロナ禍でも真価を発揮している。

関連記事

トピックス