ビジネス

サッポロ「黒ラベル」はなぜ若者に人気なのか 新社長が語るTVCMの狙いと反響

今年3月にサッポロビール社長に就任した野瀬裕之氏

今年3月にサッポロビール社長に就任した野瀬裕之氏

 若者のビール離れが指摘されて久しいが、「黒ラベル」と「ヱビス」が2枚看板のサッポロビールには、若年層のコアなファンも多いといわれる。実際、昨年までビール市場が16年連続で販売減と下降線を辿っている中、「黒ラベル」の缶商品は2015年から6年連続で販売数量が前年超えと、好調を維持している。その秘密はどこにあるのか──。今年3月にサッポロビール社長に就任した野瀬裕之氏(58)に聞いた。

──ビール離れが叫ばれる中、「黒ラベル」の売れ行きは好調ですが、2014年までは“低空飛行”を続けていました。

野瀬:過去を振り返りますと、1990年代以降は発泡酒、2000年代以後は新ジャンル(第3のビール)の商品が各メーカーから相次いで発売され、いわゆる狭義のビール商品が占めるウエートが下がっていったのがこの四半世紀です。

 そうしたビール類ジャンルの多様化の中で、かつては当社も「黒ラベル」を軸にというより、一旦はビール、発泡酒、新ジャンルのバランスを取ってやっていくという経営判断があったわけです。

 ただ、発泡酒や新ジャンルも大事な商品とはいえ、われわれの祖業はやっぱりビールであって、「黒ラベル」や「ヱビス」という重要なブランドをしっかりと後世に残していくことがお客様のためにもなりますし、われわれにもそういう気持ちが強かったんです。

 そこで、改めて「黒ラベル」に注力しようと決めたのが2010年でした。それまでの20年間は、「黒ラベル」をど真ん中に置いた戦略は取っていなかったし、「黒ラベル」に若干元気がないことを、会社自ら認めてしまっていた歴史があったことは否めません。

関連記事

トピックス

逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
NEWSポストセブン
左から主演のオースティン・バトラー、妻役のオリヴィア・デヨング、バズ・ラーマン監督、トム・ハンクス(EPA=時事)
『トップガン』『エルヴィス』大ヒットが示すアメリカの“昭和ブーム”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
判決が出る前に謝罪動画をYouTubeに公開していた田中聖(公式YouTubeより)
出身地を隠さないアイドルだった田中聖 罪を償い寛解したなら帰る場所はある
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン