国内

コロナワクチン、菅首相が狙う逆転シナリオ 大企業には特別ルートも

菅義偉・首相の次なる一手は?(写真/共同通信社)

逆転シナリオはうまくいくのか(写真/共同通信社)

 アメリカやイギリスではとっくの昔に希望者全員に新型コロナウイルスのワクチン接種を開始。一方で日本は、まだ医療従事者にさえ打ち終わっていない。「先進国で接種率がダントツの最下位」「ワクチン敗戦国」と散々な言われようだ。しかし、水面下では“大逆転のシナリオ”が進行中──。

「5月中旬から約3か月間、自衛隊内で医療にかかわるスタッフは、ワクチンの大規模接種に動員される計画が進んでいます。医官だけでは人手が足りない。看護官や歯科医、臨床検査技師、この春に防衛医大を卒業した新米医官まで総動員です。特例法の制定が必要な部分もありますが、“総理の意向”なので充分にやれる。全国に接種会場を設営し、朝8時から夜20時まで。まさに総力戦で臨む覚悟です」(自衛隊関係者)

 菅官邸は、あの手この手でワクチン接種に奔走している。1つはワクチンの確保。菅首相は4月17日、米ワクチンメーカーのファイザーのトップと電話会談し、追加供給を直談判。米モデルナ製のワクチンも「早ければGW明けにも承認される」(厚労省関係者)という。

「ファイザー製とモデルナ製で、ワクチンの数は充分に揃ったと見ていい。菅総理はGW前の会見で『7月末までに希望する高齢者の2回の接種を終えたい』とだけ説明しましたが、実は仰天するようなプランも進行しています。準備さえ整えば、5月中旬にも、『7月末までに希望する国民全員に接種する用意がある』という発表も検討しています。もちろん、国内に居住する外国人も対象です。そうなれば、6月にも、年齢も基礎疾患も関係なく希望者への接種が始まるんです」(官邸関係者)

 残るは、「接種会場」と「接種スタッフ」の確保である。今後、どんどん新設されるとされているのが、国が運営する「大規模接種センター」。

「医療従事者や高齢者には、国が自治体にワクチンを配布し、自治体が主体になって接種を進めてきました。しかし、自治体もパンク気味です。そこで、国が主導して接種を一挙に進めようとしているのです」(前出・厚労省関係者)

 現状、決定された会場は、大手町合同庁舎3号館(東京・千代田区)と、大阪府立国際会議場(大阪府大阪市)だけだ。まだまだ足りない。

「換気しやすく広い場所がいい。スタジアムや球場は会場として適切でしょう。大きな施設がない場合は、大きな駐車場にテントを張って会場にしてもいい」(血液内科医の中村幸嗣さん)

 大規模接種センターでは、基本的にモデルナ製のワクチンが打たれるという。

「今後、ファイザー製も続々と届くはずなので、大規模接種センターの会場ごとにファイザーかモデルナかが振り分けられることになるでしょう」(前出・厚労省関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン