スポーツ

好角家の神田川俊郎さんが横綱・白鵬に遺していた熱き声援

大阪場所ではいつも土俵際にその姿があった(毎日新聞/アフロ)

大阪場所ではいつも土俵際にその姿があった(毎日新聞/アフロ)

 4月25日、料理人の神田川俊郎さんが大阪市内の病院で亡くなった。新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていたという。81歳だった。神田川さんといえば、毎年3月に開催される大相撲大阪場所には毎日観戦に訪れ、向正面に座る姿がNHK中継に映し出されるのが恒例だった。

 好角家の神田川さんは、『週刊ポスト』の取材に何度も答え、大相撲に対する考えや思いを語っていたが、なかでも「世間の白鵬に対する評価が低すぎる」という持論が注目された。昨年12月の取材では、白鵬と鶴竜(当時は現役)の2横綱が“休みすぎ”と批判されていたことに関して「日本人力士の責任だ」とかばっていた。「白鵬に休場明けで簡単に優勝されているのが情けない。代わりになる存在がいないのに、相撲協会も“引退しろ”などと言えた義理じゃありませんわ。いま一番問題なのはこの2横綱に勝てる日本人力士が出てこないことです」と断じたのである。

 2010年の朝青龍の暴行事件、翌年の八百長問題発覚などの不祥事が続き、相撲人気が低迷した時代に土俵を支えた白鵬の功績を神田川さんは高く評価していた。

「朝青龍が事件を起こして廃業したとき、一人横綱として15場所も土俵を守り、そのうち10場所も優勝した。この貢献度も忘れるべきじゃないね。横綱のカチ上げや張り差しは褒められないが、体力低下をカバーする策ですからね。全否定は可哀想ですわ。失言や(優勝インタビュー時の)三本締めは盛り上げようとしてやったことで、角界のことを一番心配している男ですからね。相撲協会もやらないジュニア大会を主催して、将来の横綱を育てようとしている。凄いことだと思いますよ。義理堅いし、相撲のことを四六時中考えているような男ですわ。白鵬を超える横綱が出るまで、引退を迫るべきじゃないと思う」

横綱としての実績は文句のつけようがない(時事)

横綱としての実績は文句のつけようがない(時事)

 また、現在44回を数える優勝回数は「50回に届く」とも語っていた。2018年の取材では、「体の艶や張りを見ても東京五輪で土俵入りをやったあとも綱を張っている可能性は高いでしょうね。日本人力士はほんまドングリの背比べですわな。幕内を見渡しても、綱を締める可能性がある日本人力士がいない。候補の名前が浮かびませんもの。横綱の条件は心技体といわれますが、貴景勝、御嶽海、阿武咲にしても、根性だけは横綱級ですが、技と体ということでは横綱とは程遠い。特に技の面では横綱相撲とはいいがたい。駆け上がって来た頃は、幕内上位で土俵を盛り上げてくれると期待はしたが、やはり大関止まりちゃいますか」と語っていた。

 実際、東京五輪が開催されていたはずの2020年夏を過ぎても、新たな日本人横綱は誕生していない。“大関止まり”ばかりの日本人力士には、料理人らしいたとえを交えて、こんなふうに苦言も呈した。

「昔のお相撲さんの稽古に比べて、今のお相撲さんは甘い。魚でいうたら養殖ですわ。天然魚は荒波を乗り越えて、岩に当たりながら自分で餌を探さなあかんが、今のお相撲さんは決まった時間にたっぷりと餌がもらえる養殖魚ですわ。もうちょっと厳しくやったほうがいい。厳しくやるとパワハラや暴力問題になるが、外国出身力士は子供の頃から厳しくされ、異国で頑張るしかないと思ってやっている。そりゃ勝てませんわ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン