芸能

長澤まさみが「コオロギ美味しい」と絶賛!今年ブームになる昆虫食とは

昆虫食を実践しているという長澤まさみ

昆虫食を食べているという長澤まさみ

 国連人口基金が今年4月に発表した「世界人口白書2021」によると現在、世界の人口は約79億人──。その中の約4分の1にあたる20億人が共通して食べていて、日本でもいま話題になっている意外なものがある。それは昆虫だ。

 世界の昆虫食事情に詳しい昆虫ライター・ムシモアゼルギリコさんは、世界で昆虫食が注目されたきっかけをこう推察する。

「伝統食材として採取昆虫を食べる文化は世界中で古くからありますが、日本でも‘13年に国連食糧農業機関がいずれくる食糧危機の解決策として昆虫食を候補に挙げたことで、未来の食資源の一つとして再注目されています。国内では昆虫食の自動販売機も登場するなど、今後注目度がさらに高まっていきそうです」

 日本でも地域によってはイナゴや蜂の子などを食べる習慣があるとはいえ、日本はさほど食糧に困っておらず、いますぐに昆虫に頼る必要性は感じられない。そんな中、日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に出演中の長澤まさみ(33才)は、実は前から昆虫食を生活に取り入れてきた。

 2020年7月放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で、長澤は、ある昆虫食を「お取り寄せして家でよく食べています」と仰天発言。その昆虫食とはコオロギラーメン。一杯のラーメンになんと約100匹のコオロギが使われているという本格的な昆虫食だ。

 長澤がコオロギラーメンを好きになるきっかけは、その発言から遡ること約1年半。2019年11月に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、「美味しい昆虫食が食べたい」という長澤の要望で出てきたのがコオロギラーメンだった。いざ食べると「美味しい」と絶賛し大喜び。食べる前から「コオロギはたんぱく質が豊富なんですよね」と栄養価まで知っていたほどの熱の入れようだった。

 長澤はたんぱく質へのこだわりを、過去に雑誌のインタビューでも明かしている。

《爪も髪も皮膚も全部たんぱく質から成り立っているので。(中略)良いたんぱく源を持つ食材を調べて食べるのが楽しい》

 たんぱく質といえば、肉や魚、卵、大豆製品などに多く含まれるが、長澤はどうやらわざわざコオロギを選んだようである。前出のムシモアゼルギリコさんの解説。

「コオロギ粉末は、豚のもも肉に対してタンパク質が約3倍というデータもあります。茹でただけで香ばしく、味も穏やかで外皮が柔らかいので、どんな料理にも合います。エビに似た風味があり、食べやすいことからレパートリーは豊富で、ラーメンの他に無印良品の『コオロギせんべい』や敷島製パンの『コオロギのバケット』などの関連商品がたびたび話題になっています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン