国内

眞子さまと小室さん 国民が納得する結婚のためには「NYで共働き」か

眞子さまは今後をどう見据える?(時事通信フォト)

眞子さまは今後をどう見据える?(時事通信フォト)

 秋篠宮家長女の眞子さまと婚約内定者の小室圭さんはいったいどうなるのか──ニューヨークで暮らす小室さんに対する、日本国内でのバッシングは過熱するばかり。もはや国民の批判は、小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間の約400万円の金銭トラブルのみならず、「小室家のあり方」そのものに向けられている。

 2002年、圭さんが小学4年生の時に父・敏勝さんが自殺。1週間後に祖父、1年後に祖母も後を追うように自ら命を絶ったという。

 敏勝さんの遺産相続の交渉では、佳代さんが元暴力団関係者に遺族との仲介を依頼したとも報じられた。

 敏勝さんの遺族年金を不正受給していたという疑惑も浮上した。遺族年金は受給対象者が再婚したり、内縁状態になると受給資格が失われるため、佳代さんが元婚約者との事実婚を隠していたのではないかという指摘である。

「これらは小室さんが成人する前の話で、彼を責めるのは酷な面もある。しかし、このまま結婚となれば、眞子さまは“多くの疑惑を抱えた姑”の佳代さんと同居する可能性が高い。もし小室さんが『母とは距離を置く』『結婚しても同居はしない』と表明すれば批判が和らぐ可能性はある。たとえば、眞子さまと小室さんがニューヨークで2人だけの新生活を送ると宣言すれば、結婚への道が拓けるのではないか」(宮内庁担当記者)

 もうひとつ、批判を浴びているのが皇族費から支払われる「結婚一時金」だ。眞子内親王の場合、約1億4000万円に上ると見られている。

「その原資は国民の税金です。お金にまつわるトラブルだらけの小室家に血税が流れることに不満を抱く人は多い。この一時金を放棄すれば、一定の“けじめ”をつけたと受け取られるのではないか。

 小室さんはアメリカで弁護士資格を取った後、法律事務所や国連の関係機関に勤めると見られている。眞子さまも学芸員の資格を持っており、結婚後も働くことができます。眞子さまにはこれまでの貯蓄もあるようで、ダブルインカムならニューヨークでも生活していくことは可能でしょう」(同前)

 いずれにしても「沈黙」を続けられる時間はそう長くなさそうだ。

※週刊ポスト2021年6月11日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン