スポーツ

会見拒否、うつ病告白 大坂なおみ選手が戦ってきた差別と誹謗中傷

会見を拒否、そしてうつ病を告白した大坂選手(写真/Getty Images)

会見を拒否、そしてうつ病を告白した大坂選手(写真/Getty Images)

 5月下旬に発表された2021年度版のスポーツ選手長者番付で年収約60億円と女子選手最高額となったのは、テニスの大坂なおみ選手だ。スポーツ選手全体でも世界で15位にランクインした彼女は、プレーヤーとしてはもちろんオピニオンリーダーとしても注目され、順風満帆に見えていたが、2018年の全米オープン優勝以後、じわじわと追い込まれていた──。

 すべてはこのSNS投稿から始まった。

《私はローランギャロス(全仏オープン)では記者会見を行わないことを表明します。アスリートの心の健康状態が無視されていると、記者会見を見たり、参加したりするたびに感じていました。何度も同じ質問をされたり、私たちが疑念を抱く質問を受けたりすることが多く、私は自分を疑うような人の前には出たくありません》

 現在、フランス・パリで行われているテニスの4大大会(グランドスラム)の1つ「全仏オープン」。その開幕前の5月27日、大坂なおみ選手(23才)が記者会見を拒否すると宣言したことが、世界中を巻き込む大騒動に発展している。

 SNSでの言葉通り、大坂選手は30日の1回戦での勝利後、記者会見場に姿を見せず、大会側は規定違反により165万円の罰金を科した。さらに4大大会の主催者は合同で声明文を出し、次のように警告した。

「このままメディアへの義務を無視し続けると、さらに違反につながる。違反を繰り返すと、大会からの追放、多額の罰金、4大大会への出場停止など、より厳しい制裁を受けることになる」

 大坂選手に対して理解を示す声がある一方、ノバク・ジョコビッチ選手(34才)や錦織圭選手(31才)らテニス界のスタープレーヤーたちからは疑問の声が上がった。これまで20年近くグランドスラムを取材してきたスポーツライターの山口奈緒美さんも、大坂選手のような「会見拒否」は過去に例がないと話す。

「負けたあと、会見をせずに帰ってしまったり、途中で退席した選手ならいくらでもいます。しかし、最初からやらないというのはおそらく初めてのケースです」

 過去にはセリーナ・ウィリアムズ選手(39才)が、記者からの質問を受けて涙ぐんで退出。ロジャー・フェデラー選手(39才)が「バカな質問をしないでくれ」と記者を一喝したこともあった。だが、これらの事件はあくまでも会見中の出来事。大会前から会見に参加しないと決めた選手はいなかった。

 あまりに事態が大きくなったため、大坂選手の姉で、この3月にプロテニスプレーヤーを引退したまりさんは、ソーシャルメディア『Reddit』に文章を投稿。

《彼女は自分の心を守っている。それが、彼女が『メンタルヘルスのために』と明かした理由です》と大坂選手を擁護。《私は妹の行動を全面的に支援します》と表明したが、この投稿はすぐに削除されてしまった。

「家族の“火消し”に効果はまったくありませんでした。鎮静化するどころか、日に日に騒動がエスカレートしていく様に驚き、お姉さんは投稿を消さざるを得なかったのでしょう」(テニス関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス