スポーツ

元稀勢の里 常識破りの新しい相撲部屋に「両国から遠すぎる問題」

元横綱・稀勢の里がついに自分の部屋を持つ(時事通信フォト)

元横綱・稀勢の里がついに自分の部屋を持つ(時事通信フォト)

 元横綱・稀勢の里(現・荒磯親方)が、いよいよ自分の部屋を開く。相撲協会は理事会で8月1日付での独立を承認。「荒磯部屋」は出身地である茨城県牛久市に近い阿見町に建てられる予定だ。序ノ口と序二段の力士4人と、行司1人を連れてのスタートとなる。

「荒磯親方は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の修士課程に入学し、“新しい相撲部屋経営の在り方”をテーマに修士論文を出した。論文では『部屋に土俵を複数設ける』『稽古場にビデオカメラを入れる』『(角界の慣習である)1日2食を3食に変える』といった改革案を披露しており、本人は“大学院で学んだことを生かしたい”と意気込んでいる」(担当記者)

 新しい部屋の最寄り駅はJR常磐線の「ひたち野うしく」駅で、両国まで1時間以上かかるが、「2面の土俵を作るなど、広い敷地の確保には都内では地価が高すぎた」(同前)のだとみられている。

 NHK中継で饒舌な解説を披露する理論派だけに、弟子の育成に期待がかかるが、ある親方は「土俵を2面にするなんて奇抜なやり方で、うまくいくのか」と疑問を呈す。

 たしかに、かつて50人の力士を抱えた二子山親方(元大関・貴ノ花)も本誌・週刊ポストの取材に「土俵が2つだと集中力が欠けて稽古が散漫になる。先輩の相撲を見るのも稽古のうち。力士が多くて稽古時間がないなら、夜中から始めればいい」と語っていた。また、別の若手親方は、「以前、起床後に牛乳とバナナを食べてから朝稽古をさせた部屋があったが、激しいぶつかり稽古ですぐに戻してしまう。あと、少しでも太るためにはやはり1日2食がベストだ」と話した。

 さらに、独自の試みを実行するために選んだ「立地」への懸念もある。

「国技館に近い両国界隈に部屋を構えることで、多くの出稽古が可能になり、力士は育つ。茨城のつくばみらい市にあった立浪部屋も、明生や豊昇龍といった有望な力士が出てきたから、出稽古ができるように台東区に移転する。元大関・雅山の二子山部屋も所沢市から葛飾区に移転したばかり。本場所中の移動の負担もあるし、デメリットのほうが多い立地ではないか」(ベテラン記者)

 注目されるのは人気者の宿命。角界の常識をどこまでひっくり返せるか。

※週刊ポスト2021年6月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン