• TOP
  • 芸能
  • 『まめ夫』の佐野亜裕美P「やりたくないことをやらずにすむ環境に居続けたい」

芸能

2021.06.13 16:00  NEWSポストセブン

『まめ夫』の佐野亜裕美P「やりたくないことをやらずにすむ環境に居続けたい」

ヒット作を多数生み出してきた佐野亜裕美プロデューサーは、どのようなドラマ作りを目指しているのか?

ヒット作を多数生み出してきた佐野亜裕美プロデューサーは、どのようなドラマ作りを目指しているのか?

「人生に失敗はあっても、失敗した人生はない」──これは、現在放送中のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ制作・フジテレビ系)の主人公・大豆田とわ子(松たか子)の台詞である。とわ子と親友(市川実日子)、3人の元夫(松田龍平、角田晃広、岡田将生)プラス第4の男(オダギリジョー)が繰り広げるロマンチックコメディが、まもなく最終回を迎える。人気脚本家・坂元裕二氏によるこのドラマは、先に紹介したような“刺さる”台詞をはじめ、意外な展開、細かな伏線、個性的なキャラクターの魅力などがあいまって、放送後、常にSNSで話題となり、深堀記事が登場し続けている。「語りたくなる」ドラマはどのように作られたのか。大団円の放送を前に、関西テレビの佐野亜裕美プロデューサーに話を聞いた。

 * * *

視聴者を誘導しないドラマ

──SNSで話題になり、考察記事、深堀記事が続々出ている状況について、どう受け止めていらっしゃいますか?

佐野:番組を愛してくださっている方がたくさんいることをとても嬉しく思っています。さまざまな記事を読ませていただいていますが、へー、そんなふうに読み解くのかとか、ここを伏線と思うのかとか、こちらが意図していない見方はもちろんあって、いろんな視点があることを学びます。

 見てくださる方を誘導したくない、という思いを、プロデューサーとしてはずっと持っています。音楽一つとっても、「ここで泣ける」といった、感情を規定する音楽を使いたくないとか。そういうポリシーでドラマを作っていることが、結果的に、見る方によって印象が違ったり、響く部分が違うという状況を生んでいるのかなと想像しています。

──番組の公式ツイッターで、放送後に「ご意見・ご感想・ご批判をお待ちしております!」と、「批判」まで受けつけているのはなぜですか?

佐野:自分の勉強になるからですね。自分一人の視点は本当に限られているので、批判を含めていろんな視野を手に入れることは、この多様な世界でドラマを作っていく上でとても大切なことだと思っています。

──昨今、「わかりやすい」ドラマが人気を博したり、高い視聴率を獲得する状況において、『大豆田とわ子と三人の元夫』は、会話や伏線が多く、どちらかといえば「わかりにくい」ドラマだと思います。佐野さんはどのようなドラマ作りを目指していらっしゃいますか?

佐野:ドラマは、「ながら見」が前提になっていたり、耳で聞いただけでわかるとか、途中の回から見始めてもついていけるなど、どうしても、わかりやすさが求められるメディアです。私自身も、わからないものが素敵だとは思いませんし、敢えてわかりにくくするつもりも全くありません。その上で、いろんなドラマがあっていいと思うし、いろんなドラマがあるべきだと思うんですね。

 そういうなかで私は、一時間、集中して見てくださる方が楽しめるドラマを作りたいなと。一時間あっという間で、一時間濃かったと感じてもらうために、一時間の密度みたいなものを意識しています。これだけ娯楽の選択肢がある世の中で、人の時間を一時間奪うって、大変なことだと思うんです。それに見合う価値のあるドラマを作りたいと考えています。

関連記事

トピックス