芸能

『ドラゴン桜』東大専科7名、ドラマオタクが勝手に合格予想

2次試験を突破するのは果たして…?(Getty Images)

2次試験を突破するのは果たして…?(Getty Images)

 主演を務める阿部寛の「バカとブスほど東大へ行け!」のフレーズでお馴染みの連続ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系、日曜夜9時)がまもなく最終回を迎える。阿部扮する元暴走族の弁護士・桜木建二が、低偏差値高校の落ちこぼれ学生を「東大専科」に集め、わずかな期間で東大に合格させるというストーリー。16年前に放送の第1シリーズでは3名の合格者を出したが、第2シリーズは果たして……。ドラマオタクを自称するエッセイストの小林久乃氏が、大胆予想する。

 * * *
『ドラゴン桜』第9話の世帯視聴率は、番組最高の15.4%を記録した。6月27日の最終回では有終の美を飾ることができるのかどうか? さらなる注目が集まっている。

 このドラマが画期的な人気をキープし続けているのは、全年齢層を包囲したことだ。若い世代には毎週、自分も東大専科の生徒になって、授業を受けている気分。お父さん世代には“日9”らしい、月曜日から頑張る自分たちを意識したヒューマンドラマの要素など、本当に見ていて飽きることはなかった。拍手喝采である。

 そんな人気のドラマ、今ファンの間で白熱しているのが「誰が東大に合格するのか?」予想である。このテーマについて個人的な視点で、多方面から探ってみたい。

2005年版ドラマと原作マンガから推理すると…

 合格予想と言われて、初めの材料として挙がってくるのは前作との比較。2005年に放送された前作の結果の一覧は下記のとおりだ。

・矢島勇介(山下智久)…合格
・緒方英喜(小池徹平)…不合格
・小林麻紀(紗栄子)…不合格
・香坂よしの(新垣結衣)…合格
・奥野一郎(中尾明慶)…合格
・水野直美(長澤まさみ)…不合格

 特進クラスに集められた6名中、3名が合格。ただ現役合格は逃したものの、水野と小林は一浪を経て合格している。緒方に関しては、後輩の特進クラスで講師をしていた情報があるので、おそらく合格しているはず……結果的には全員が特進クラスに入る以前には予想していなかった理想の道へ進んだ。これこそが桜木の指導の醍醐味だと思う。

関連キーワード

関連記事

トピックス