ライフ

鬼滅効果で人気でもSL動態保存に難しさ 市長肝いりなのに解体放置の事例も

2013年2月、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の名古屋駅を出発するC56形蒸気機関車(時事通信フォト)

2013年2月、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の名古屋駅を出発するC56形蒸気機関車(時事通信フォト)

 観光などで人気が高い蒸気機関車(SL)だが、世界が動力エネルギーを石炭に頼っていた時代に多くが製造されていたこともあり、存続や維持をしたくとも現実には難しいことが多い。名古屋市科学館で保存されていたドイツ製のB6 2400形を動かせるようにしようと2016年に調査の目的で移設、分解されたまま倉庫に放置されていたことが明るみに出た。ライターの小川裕夫氏が、全国で取り組まれているSL保存についてレポートする。

 * * *
 昨年、マンガ『鬼滅の刃』が空前の大ヒットになったことは記憶に新しい。劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は日本映画の歴代記録を次々と塗り替えたが、同作にはSLが登場する。JR東日本は「SLぐんま よこかわ」を、JR九州は特別列車「SL鬼滅の刃」を運行。これらは鬼滅とのコラボだが、鬼滅人気は鉄道事業者に大きな福音をもたらした。

 なぜなら、昨年は新型コロナウイルスが猛威を奮い、鉄道需要が大幅に減少。テレワークで都市圏の通勤・通学需要が減少しただけではなく、観光客需要はゼロに等しい状態にまで落ち込んだ。通勤需要が小さい地方の鉄道事業者にとって、沿線外から利用客を呼び込める観光列車は頼みの綱。なかでもSLは観光客を全国から集められるキラーコンテンツでもある。

 鬼滅ブームでSLが人気を高める一方、各地で保存・展示されているSLはピンチを迎えている。愛知県名古屋市の河村たかし市長はSLへの思い入れが強く、市長就任後の2011年議会で名古屋駅と金城ふ頭駅を結ぶ名古屋臨海高速鉄道あおなみ線にSLを走らせたいと答弁した。2013年には、あおなみ線の一部区間でSL運行を実現させている。

 2013年のSL運行はあくまでもイベント的だったこともあり、車両はJR西日本から借りる形で調達した。

 しかし、河村市長は定期的なSL運行を望む。そのためには、SLを確保しなければならない。そこで、名古屋市科学館で屋外保存されていたSLに着目。これを修理してあおなみ線で走らせることを希望する。

「当館で保存・展示していたSLは、かつて三重県の石原産業で活躍していたB6というSLです。ドイツ製のB6は大変に珍しい車両で、国内で保存・展示しているのは当館だけです」と説明するのは名古屋市科学館総務課の担当者だ。

 現在は大幅に縮小してしまったが、大きな工場や工業地帯では、企業が自社の専用鉄道を敷くことは珍しくなく、車両も保有していた。1968年に廃止されるまで、名古屋市科学館所蔵のB6は化学メーカーの石原産業四日市工場にあった専用線を走っていた。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト