芸能

星野源&新垣結衣、子供向け超人気作で共同作業か 紅白共演にも期待

夫婦共演が実現か

夫婦共演が期待される

 5月19日に新垣結衣(33才)との電撃婚を発表してから1か月あまり。新婚の星野源(40才)は雑誌『AERA』(6月28日号)のインタビューで実感を込めてこう語った。

《生活をしていく中で、心から信頼できる仲間がいるのは素晴らしいことですね。ずっとひとりだったので、仲間が増えて、チームになれるのはとてもありがたいなと思います》

 2016年、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の共演で出会ったふたりは、その後交際に発展し、結婚を発表。会見は行わず、挙式や披露宴も未定。いまだ公の場にそろって姿を見せていないが、関係者によると、いまはプライベートで出かける時間が取れないようだ。

「星野さんは、6月23日に3年ぶりとなるシングル『不思議/創造』をリリースしたばかり。『不思議』は、星野さんが考える愛を表現したラブソング。現在は、プロモーションで多忙な日々を過ごしていて、新居に引っ越す時間さえもないようです。結婚発表時、“同居時期も未定”となっていましたが、未だに一緒に住めていないのかもしれません」(ラジオ関係者)

 一方の新垣は、6月27日放送の『ドラゴン桜』(TBS系)の最終回にサプライズ出演。登場シーンはわずかだったものの、結婚発表後、初のドラマ出演は大きな話題を呼んだ。すでに来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の撮影もスタートし、夫婦ともに多忙を極めている。多くのファンが『逃げ恥』コンビの再共演を待ち望むなか、一部では、年末の『NHK紅白歌合戦』に期待が寄せられている。

「2016年、新垣さんは紅白で審査員を務め、その際に星野さんが『逃げ恥』のエンディング曲『恋』を歌うという共演がありました。大河ドラマの主要な出演者は、紅白歌合戦で審査員を務めることも多いので、今年も同様の形で、結婚後初共演になるのではないかという憶測もあるのですが、実際はまだ白紙の状態です」(NHK関係者)

 そんな中、ふたりがかかわる“あるプロジェクト”が進んでいた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン