芸能

離婚の小川彩佳、夫の不倫で「ショックが絶望に変わった」瞬間

小川彩佳アナ

離婚したことがわかった小川彩佳アナ

 7月1日、報道番組「NEWS23」(TBS系)のキャスターを務めるフリーアナウンサー・小川彩佳(36)が、実業家で医師の豊田剛一郎氏(37)と離婚したことが報じられた。小川アナは局を通じて「離婚したことは事実です」「プライベートなことですので、これ以上のコメントは控えさせていただきます」と発表した。

 小川アナは2019年7月に豊田氏と結婚。2020年7月に第1子を出産した。その後、産休を経て同年10月に「NEWS23」に復帰。しかし、今年2月になって豊田氏の不倫が報じられた。豊田氏は、小川アナと結婚する以前から不倫相手のAさんと交際を続け、結婚後も子供の誕生後も、関係を続けていた。

 夫の裏切り発覚から4か月あまり。昨日夜の「NEWS23」生出演では、自身の離婚については語らず、ニュースを冷静に報じていた。番組関係者によれば、不倫発覚当初は落ち込んでいた様子も見られていたが、「最近は自ら特集企画を提案するなど仕事に没頭している様子です。吹っ切れたんでしょう」という。小川アナの知人は、離婚が決まる直前、女性セブンの取材にこう明かしていた。

「不倫が発覚した後、小川さんは“離婚も考えているけど、子供もまだ小さいから……”と悩んでいました。豊田さんの子育てへの協力も必要で、バリバリ働く小川さんにはシングルマザーになる不安も大きかったのでしょう。

 しかし、そのすぐ後に『週刊ポスト』でAさんが不倫関係の内容を告白し、豊田さんからの“結婚後は肉体関係がなかったことにしてほしい”という口裏合わせの連絡を明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった。“彼との将来をもう描くことはできない”と話していました」

 不倫相手・Aさんの告白が、決断のひとつの要因になったというのだ。Aさんは、上記の記事の中で、こう語っていた。

関連記事

トピックス