芸能

柳家小三治 さらに自由度を増し枝葉を削ぎ落した『粗忽長屋』の名演

柳家小三治は『粗忽長屋』を得意としてきた(イラスト/三遊亭兼好)

柳家小三治は『粗忽長屋』を得意としてきた(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、81歳になってさらに面白味を増した柳家小三治『粗忽長屋』についてお届けする。

 * * *
 5月28日、めぐろパーシモンホール(大ホール)で行なわれた「柳家小三治 初夏の会」を観た。

 小三治は3月22日に倦怠感を訴えて入院。腎機能に問題があり、治療しながら体力の回復に努めていた。4月12日に退院した後は5月1日の一門会での高座復帰に向けて自宅で治療とリハビリを続けていたが、緊急事態宣言で公演が9月に延期となり、5月21日に兵庫県で行なわれた柳家三三との親子会が退院後の初高座となった。東京では24日に渋谷で独演会があったが僕は観ていない。

 ゆっくりと、だがしっかりとした足取りで登場した小三治は「今日退院してここに来ました」と言った。「これが三度目の入院ですが、全快したと言われました」というから、検査入院のようなものだろうか。

 この会場から近い都立大学と学芸大学にまつわる思い出を語った後に入っていった一席目は『粗忽長屋』。兵庫と渋谷でも掛けた演目だ。

 小三治は若い頃から『粗忽長屋』を得意としてきたが、60代に入ったあたりからケタ違いに面白くなった。思い込みの激しい八五郎とトボケた熊五郎という二人の愛すべき粗忽者が高座の上で自在に動き回り、周囲の人々を困惑させるのである。81歳の今、その“自由度”はさらに増し、枝葉を削ぎ落とした“核”の部分を楽しそうに演じている。

 行き倒れの現場で世話人に八五郎が「当人連れてきましょう、目と鼻の先ですから。それまで誰かに持ってかれねえように。持ってかれたら探すの大変ですから」と世話人に言った次の瞬間「おい! 熊!」と戸を叩く場面転換の妙は小三治ならでは。

 高座から立ち上がった小三治は、療養生活の影響か自力で歩けず弟子の三之助を呼んで肩を借りながらゆっくりと袖まで歩いて行ったが、休憩後の二席目の高座にはしっかりと一人で歩いて登場した。演じたのは『猫の皿』。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン