芸能

堀ちえみが語る“82年組”秘話「ヤックンが秀美ちゃんを家に送った夜」

死をも覚悟した舌がんを乗り越えた堀ちえみ

死をも覚悟した舌がんを乗り越えた堀ちえみ

 死をも覚悟した舌がんを乗り越え、次なる目標はデビュー40周年単独ライブだという堀ちえみさん(54才)。彼女と出会って40年というコラムニストで放送作家の山田美保子さんが、「花の82年組」誕生秘話から、いまあらためて実感する“歌への想い”まで、じっくりと聞いた。

 * * *

病気をする前は、ここまで歌と向き合っていなかった

山田:まず最初に驚いたことを言ってもいいですか? また滑舌がよくなっていらっしゃる! 聞き取れない言葉がひとつもない!

堀:ありがとうございます。お目にかかるのは2020年2月の『ワールドキャンサーデー2020』のとき以来ですよね? 山田サンには、その半年程前、(著書)『Stage For〜』(扶桑社刊)のサイン会のときにも来ていただいたから、変化がわかるんですね、きっと。

山田:あのときも、100人以上のファンの皆さんと話されたから、先頭に並ばれたかたと最後のかたとでは、言葉の明確さが違っていました。しゃべることが最大のリハビリですか?

堀:ボイトレもしています。移植手術で分厚くなってしまった新しい舌に形状記憶させているところです。でも前より音域は広がったんですよ。アイドル時代は禁止されていたファルセットも身につきました。

山田:それは素晴らしい。

堀:努力しても前に進めなかったらあきらめたり落ち込んだりしていたかもしれないけれど、やればやるだけ必ず成果につながるんです。だったら、やればいい。そう思ったら簡単だなって。1週間まとめてやるよりも毎日10分でもいいからやった方が声は出ますね。

 いまは舌の働きや動き、仕組みなどを自分で考えながら声を出してます。あ、こうやってコントロールすればいいんだ……って、歌番組でも歌っている人の舌ばっかり見ちゃいますね(笑い)。病気をする前は、ここまで歌と向き合っていなかったかもしれません。

山田:デビューの頃から、ちえみチャンががんばり屋さんだということはよくわかっていたけれど、あらためて、本当にすごい人なんだなって。

堀:来年で歌手デビュー40周年だから、山田サンとも、もう40年。覚えてますよ、デビュー前、TBSラジオのブースで同期の(松本)伊代チャン(56才)や(早見)優チャン(54才)と一緒に呼んでいただいて、1人ずつ自己紹介したり自己PRしたりしたことを。

山田:「花の82年組」ね。シブがき隊や石川秀美チャン(55才)や小泉今日子チャン(55才)や中森明菜チャン(56才)。あの頃と同じくチャンづけで呼んじゃいますけど(笑い)、まさに「花の〜」よね。

堀:違うんです。私たちは、2年先輩に(松田)聖子サン(59才)、(河合)奈保子サン(57才)、(柏原)芳恵(旧名・よしえ)サン(55才)、田原俊彦サン(60才)という遠い存在の大スターさんたちがいらして、そのかたたちに憧れた人がオーディションにワーッて集まっちゃって、そこから選ばれたのが「82年組」。

 単体で偉大なる先輩たちに追いつくのはとても無理だから、所属事務所やレコード会社さんがそれぞれの“垣根”を越えて“ワンチーム”として売り出しをかけたんだって聞きました。歌番組でも、『明星』や『平凡』、『近代映画』などの取材でもいつも束になっていたのは、そのせいですね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン