自分の使い方に合わせた各種「トッピング」について選択する場面があるが、「5分以内通話かけ放題550円/月」、「通話かけ放題1650円/月」、「トッピングなし」の3択から選ぶだけだ。トッピングの設定は「povo」アプリなどから後で簡単に変更できるようだ。

 ほかにもトッピングには、「データ使い放題220円/24時間」や「データ追加550円/1GB(有効期間31日)」なども用意されており、これらは「povo」アプリから必要に応じて選択することができる。

 普段よくスマホを使うため、「通信のスピードが遅くなったらどうしよう」と心配してもいたのだが、まったくの杞憂に終わった。「povo」は格安プランといえども、auの回線を使用しているので、通信エリアは広く品質も安定している。契約前後でネットサーフィンの快適さは変わらない。「povo」だとキャリアメールや留守電が使用できないが、もともとあまり使用していなかったので、とくに不便は感じない。

課題は「紛失時の回線停止」手続き

「povo」を契約してから約1か月、今のところ筆者は何の不便も感じていない。こんなことなら提供開始すぐ契約していれば、月々の通信費がもっと節約できたのに……と少々悔しく感じているほどだ。

 しかし、自分自身がまだ気づいていないだけで、実は機械オンチがはまる落とし穴が存在するのではないか? 数ある携帯会社の中から最適なプランをクライアントに提案する「携帯見直し本舗」の代表取締役社長・鮎原透仁氏にその不安をぶつけてみた。

「少しレアケースにはなってしまいますが、スマホの端末を紛失したとき、『povo』だと少し面倒かもしれません。通常だとauショップに行けば回線を一時停止してくれるんですが、『povo』は店頭でのサポート対応を実施していないので、自力でオンライン上で回線停止の手続きをしないといけません。ほかにパソコンなどを持っていない方だと、スマホがない状態でオンライン上で手続きするのは、なかなか大変ですよね」

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン